読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いままでの物語が進まない理由を考えた。

注目中 リアル出来事♪

世界を救う老兵ども は、おおまかには、ラストまで、見えてる。

ただ、移住の現実問題が、私が、海外旅行したことがないんで、「浮かばないんだ」

パスポートは知らないし、ビザも知らなかった。

よく書こうなんて思ったなーー;と、思うw

パスポート取ろうかな? 10年と5年更新のがあるみたい。

ビザは、現地にいってからもらうものらしい。

入国許可書か・・うんなもんいるんだ@@;

しかも、そこに とどまるなら、

在留届なんてもんを、大使館に出してもらわないといけないのか・・

いろいろいるんだなあ・・

あ。でも、このちょこっとした知識だけ入っただけで、また、物語が見え始める。

ある友人に相談した。

物語を書こうにも、私は、知識が経験が足りない。

その悩みにたいして、友人は、助け舟を出してくれた。

何もかも知ってしまった後で、本当に書けるの?

知りすぎた者に限って、一言も書けなくなる。なんてことは、ある。

なぜなら?視野が狭くなるからだ。

なるほど。私は、友人の助言に助けられた。

そうだな。パスポートなんていらない世界だった。ビザなんて必要としない世界だった。

ことにしてしまえばいい@@b

ということになると、完全創作になる。

そのほうが、気が楽だ。

考えてみる。

推理小説なんて書けない。なのに、謎多き物語を書こうとした。

さて。。。どうする?

推理なんて考えつかないぞ?

なのに、こっから、どうすすめるんだよ?w

物語を書く場合、「その場のノリで、勢いよくダッシュしたのはいいけど、続かない」パターン

私は、これに陥っていたのだ。

ぜんぜん知識がないのは、よくない。必要なら調べていくべきだ。

推理が下手でも、いいじゃないか

下手なりに、これも経験と思い、失敗しろ。

気負いも、気張りも

ええかっこしーも いらねぇ

楽しもう^^ わいわい。