読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

短編「世界の始りはお前と過ごしたい」

短編「世界の始りはお前と過ごしたい」

約束したんだ。あの子と

「21日を無事過ごせたら。。24日の夜、俺と、まじで付き合ってほしい。」
酒飲んでたし、まずい約束しちゃったよなあ。チャトレの子と

まさか^^;本気で受けちゃいないだろ?

ちょっと会いづらいな・

いつものようにログイン。あの子の様子は・・彼女は待ち合わせ中か・・?!

「え?!待ち合わせ?・・あいつ、他にもいたのかよ。」

ちょっとだけ・・ショック(まあ、俺だけなはずないか。)

なんか安心してる自分がいた。なんで?
もう一人の俺「おまえなんかと まじで約束する女がいるわけねぇだろ?」

そうだよな。。

でも、ちょっと気になる。俺は、彼女にメールをした。

「件名 こんばんわぁ 待ち合わせしたっけ?」・・なんか意地悪いな俺

彼女から、すぐに返信が返ってきた。

「件名 こんばんわ^^ あれ?・・もしかして、忘れてた?」

はい?どういうこと?

待ち合わせ中の彼女の部屋に、入ってみる。

入ると、彼女がにらみつけて「・・忘れてた?」

俺「(忘れた?約束?ちょっとまてよ。)ごめん^^;待ち合わせしてたっけ?」

彼女が笑顔で「今日は、21日だよね?」

俺「あ・・(まだ先だと思ってたけど、今日ってその日だーー;)」

酔ってたせいかーー;しまった・・

あれ?顔伏せちゃったよ?まさか、泣いてんの?うそでしょ?

一瞬そうかと思った。けど、彼女は顔を上げて、笑顔で「しょうがないなぁ^^」と返してきて・・

それから、取りとめもない会話を彼女と1時間ほど会話して・・そして、最後に

「あと1分で、22日だ。無事過ごせそうだなwやっぱ、迷信だったか」

「そうだねぇ^^ でも、ちょっとスリルあったよね。あと10分、あと5分とか、秒読みみたいでさ。」

「24みたいだったなw」「うんw」

「・・ん・・じゃ、また明日ね^^」

「はい^^またね。」いつもと変わらず、笑顔で返す彼女・・・そうだよな・・

覚えてるはずねぇよな・・(安心したはずなのに、なんか寂しいような「会いたい」ぐらいにしとけばよかったかな;;)

部屋を出て、しばらくすると、彼女からメールが届いた。

「件名 世界の始りは  どうしますか?」

 え・・・