読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

久しぶりに、元の状態に戻したーー;ふへぇ・・疲れた。。

常連さん、いつも、ありがとう^^

生暖かく、うちのブログを見ていただき、ありがとうございます(ペコリ

さて、「引っ越し」は、するよ?みつかればね^^

何個まで、引っ越しをするか?わかりませんが・・・

「一部の荒らし数名は、さっさと どっかに消えてほしいだの 早く死んでほしいだの 書いてた」けど

えー IP晒すよ?

「死ね」とか「さっさと消えろ」とか

度が超えるとね、犯罪になります。

私は、コメントは消しましたが、保管しています。

度を超えた行為・好意 には、私は、黙ってはいません^^

何度も、このブログを始めた(途中からですけどね。)きっかけは、書いたと思う。

一部の人たちは、「自身の名前が、いつ?晒されるのか?」そればかり、気にされています。

私は、あくまで「私が 目の前にいる 誰かに語りかけるように語る」ようにしています。

私は、私に起こった体験は、ここに書きます。

自分から 自ら起こしたものではない事象も、そうでないこともすべてです。

まあ、まだ、カミングアウトしきれてないことはたくさんありますが、いずれ語ると述べて置きます。

私は、呆れます。

自ら、私に近づいてきた者たちに、言います。

自ら起こしたアクションによって、私をどれだけ傷つけたら気が済むんだ?

私は、私が「嫌だ」とおもったことは、あなた達にも言ったはすだ。

あなた達から離れ、その後も、こうして嫌がらせを続けるのは、どういうことだろうな?

すべては、君等の「憶測」というものだろ?

「あれだけ嫌な思いを与えたんだ。こいつ(びえい)は、何か仕返しをしてくるに違いない。いまのうちに潰しておく必要がある。」

という判断だとは、わかってる^^

いや・・反対に考えてるやつもいるな。

「話だけ聞いてくれりゃいいのに、意見なんかいらねぇんだよ。黙って、俺達のおもちゃになってればいいんだ。てめぇなんか。」

こう思ってるやつが、二人いる。

自分がしたいことを ただ、したかっただけ。それを、された相手は、すべて受け入れるべきだ。という考え方を持つ人間が、こういう考え方に至る。

「私が、話しがしたいの。貴女、私の都合に合わせなさいよ。」というタイプ。(びえいも このタイプに見られやすい。反省もかねて、君たちだけじゃない。私も反省せねばーー;と思う。)

「俺達の善意を、「いらねぇだと?生意気な女め」俺達の善意を断り、意見をいいやがる生意気な女は、失脚させてやるぅぅぅ!」

はい。失脚しました。私は、うざいんで、めんどくさい貴方の傍に居たくなかった。

はい。満足だろ?

なのに、どこまで私を監視すれば気が済むんだ?w

そんなに潰すことが、君等の満足に足るのだろうか?

社会的に潰すということか?(来年には、死ぬ可能性が高い。潰す価値もないよ?非効率だね。やってることが)

ネットから追い出すことか?(ある友人から、それは出来ると聞いたことがある。そうだなあ。それは、たしかに困るね。なので、公平でみてもらうために、このブログは、役所の友人・難病支援センターの友人にも、公開している。公平にジャッジしてもらうべきだからそうしている。)

もしかしたら、君等がやってる行為は

ただ単に、障害者いじめか?

私は、君等に、私がアスペルガー症候群である可能性を話した。

君等は、ただ黙っていた。

「www」と、何度も返してきたね。

けっこうショックでした。君等は、まともな人間だと思っていたからだ。

この前、君等がいじめているもう一人の友人?にあったよ。

君等から、ありもしない噂を流されているそうだ。

友人は、泣いていた。男が泣くなんて・・・よっぽどのことだーー;

昔捨てた女から、いつまでも、付きまとわれて、最悪最低な女に当たったとね。静かに泣いてた。疲れたんだろな?ふけきってたよ。

いちいち、私に言う必要もないのに、友人の男は、どこにもぶつける場所がないから、私に打ち明けたのだろう。

まあ、君等の気持ちはわからないでもない。

友人とはいっても、私が、女で 選ぶ男の基準の中に、このタイプは、絶対入れないタイプに入るからね。

人生なんて、カミングアウトすることばっかりだよ。

自分が、惚れた男が、女たらしだった。なんてことは、よくあることだ。

俺が落とした女が、ストーカー女だった。なんてことは、よくあることだ。

ただ、恋をしてみたかっただけ。リアルはそれぞれ家族がいても。。

一番知られたくないことは、誰にでもある。

私にもある。

私は、ここまで、「君等」とは書いても、「固有名詞」を使ってはいない。

まあ、これで許せとは言っても、通らないのがネットの世界であることは、5年前に経験して、わかってる。

だけど、私は、君等に、メッセージを届ける。

喧嘩と取られようと、

晒しだ!と取られようと、

「自分(君等)の中の 袋小路に気づくまで メッセージを送り続ける」

そっとしておいてくれ。と、君等は言うだろう。

なら、私に なぜ? 君等の秘密を語った?

私は、話すな。と いつも言ってたはずだ。

私に、自分をさらけ出した時点で、君等は、私に約束したことになるんだよ。

「自分と、真っ向から、向き合う覚悟を決めた」と

君等は、私に宣言したことになるんだよ。

それを、忘れないでほしい。

私は、今後も続ける。君等にメッセージを込めて

物語贈る。

君等に 勝つためじゃない。

君等は、君等自身に勝て。

私は、サポートするだけだ。頑張れ。

以上だ。