読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

責務を担う者の責任は、重すぎる だから、利用者は、寛大であれ というのは 甘えにすぎない。

祖父と母と父と私の視てきた 人

私たちは、法律の元に動く。法律の範囲でしか動けない。

といったのは、責務を担う者の返答。

おかしいね。

びえいが、視てきた 責務を担う者という方たちの行動は、法律が及ばない範囲での「工作」を行っておきながら、そういうことを平然と答える。

責務を担うのだから、利用者は、もっと優しく接してあげてください。というは、なぜだろうね?

極力やさしく接してあげたいが、親の世話で忙しい上に、自分の時間を、外に作れない。

「どうして?働けないんですか?」

「デイサービスに預ければすむんですよ」

じゃあ、実行してみたら、どうなるか?生活費や 遺漏の装着での法律問題 わかってて、平気で言ってるのか?

なんの努力もしない。お母さんが悲しみますよ?

お母さんのためを思ったら、これぐらいのはした金払えるでしょ?

これが、あなたたちの責務か?

利用者を、追い詰める言い方をするように、法律には書いてあるのか?

では、この発言が、法律の範囲内の発言力行使力だというなら

この法律が正しいというなら、利用者は、この 脅しに近い言葉を

あなたたちが正しいと述べる法律に法って、遂行しろと?

いうか?

最後には、なんと言った?

私たちは、法律の元に動く。法律の範囲でしか動けない。

その後は?

ご利用者様の受け取り方次第では? そんな風に、言った覚えはございません^^

これが、責務を担う者の責任の果たし方だ。

私は、悪口を言うのではなく、事実を書く。

悪口を言うものではない。と世間様がいうのなら、事実は、誰が 明らかにできる?

未来に繋げれる?

臭いものに蓋ばかりする風潮では、なんの改善にも繋がらない。

私は、なんでも 悪口だ。なんだでつるし上げするのは、そちらの勝手だが、

どんな職業にも、「欠点」は、存在し、

なれあい関係、横繋がりで、「組織化」したら、「欠点は、隠される」

積もり積もった欠点から生じた「事実」は、闇に葬られ

気がつくのは、足元まで、「腐りきった時」だ。

手遅れになったら、おしまい。ってことだよ。