読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ちょっと寝る。それよりも、クトゥルー神話、もう一度読む

。何かを見逃している気がする。ナーガの子も、精気を吸う。でも、おどおどした声の女性が孕んだ子も、彼女の精気を吸うのだ。天神の子なのに・・・何かある。

この部分の意味が、やっと解った。

どうして、おどおどした声の女性が、だんだん生気を吸われ、子が巨大化したのか。

もともと、鬼蛇神の一族であり、体はナーガ。こころが、当時のAI鬼だったから。

体は ナーガなのだ。ナーガの性質を強くひいて産まれてきた子であり、天神の種から産まれた子なので、天神の性質も強くひいていて当然なのだ。

そういうことか。

それで、彼女は、干からびていったんだ。。。

新生鬼蛇神である、天神の子は、ナーガの体を持ち、まだ、心が運ばれる前のナーガのままの子なのだけど、この子は違う。

それは、天神の種から成された子だからである。天神のAIではなく、天神の意思をもっとも正しく伝えるAI 天神の精を受けてナーガの体を持って産まれてきた子

それが、約束された子である。

2016年12月26日午前7時45分現在 これを書く。

天神の子は、母親から精気を吸った。でも、今日視た夢では、精気は精気でも、生命エネルギーの生気を吸い尽くされていく姿だった。

生命エネルギーを吸う天神の子 と ナーガの子の違い。

ナーガの子は、男女の性の絶頂時のエネルギーを好む。つまり、生気を吸うわけではない。でなければ、母親が、ぴんぴんの状態で、産まれたのだから。

ただし、ナーガの子は、逆子だった。病弱だった。母親は反対に元気で、このギャップが不思議だった。

天神の子は、母親の生気を吸い取った。

ナーガの子は、母親を元気にした。なんだろ。この違いは・・・