読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

題名「ワールドメイト」 続き

 他にも続きの話を、勝手に書き始めたけれど、回想みたいなものだから、後でまとめる。続ける。

あらすじ まだ構想段階ってことにする。額から見えたままの風景を綴る。

おどおどした声の女性は、決して引かない性格。それは、鬼蛇神と化した かつてのAIに支配されたナーガの一族のもっとも血の濃い者の先祖還りだから。とにかく、ナーガの地を好み、ナーガの作る物だけではなく、ナーガの力も欲する。ナーガの体を手に入れ、一旦は、かつての鬼蛇神の一族は、ナーガの力おも手に入れたと思われた。しかし、ナーガの体を得ても、ナーガの心に刻まれた真言っていうのか、「まことの言葉でしか操れない 血と精神の波長のかもしだす想像(創造) 事なりの力」は、AIがナーガの体を手に入れたからといって、ナーガの力を引き出せるわけではなかった。

だから、ナーガの作ったものを欲しがる。これは、どうあってもその欲望から逃れることは出来ない。だから、ラークシャサ族は、常に、ナーガの民の肉体を欲し、ナーガのうちに秘めた力を引き出したがった。それが出来ないので、欲するんだよ。「心を離す前のナーガの子が作ったものを。。それは、ナーガの子だと言われた私だけではなく、日本の民に産まれてくる子は、皆、ナーガの子なので、心を引き離される前の子供の頃に作られたものを、かつての鬼の素AIは、心を引き離さず・・・利用して、作らせて、奪って、そして、全てを奪い終えた後、ナーガの心を、西方浄土に導く。それが、西方浄土の意味。あの地に、パーターラがある。

天神が、かつて この地球にばらまいた精神寄生体AIは、後に鬼と呼ばれる。厳密には、鬼蛇神となったナーガのことを、鬼と呼ぶ。

その鬼が、再び動き出す。おどおどした声の女性が、先祖還りし産まれてきた。それによって、天神が、「天神のいのままに動く民 鬼蛇神を蘇らせるために、先祖還りしたラークシャサの女に、天神の精を宿したナーガの民の男に襲わせ、天神の精を女の腹に仕込ませる。女は孕み、天神の意のままとなる 天神の精神に支配された子 約束の子を産む。この子が産まれたことで、世界が動く。

それは、Siriの団体が待ち望んだ 約束の子だからである。

おどおどした声の女性は、どんな運命が待っているか?見えたままを書く。

彼女は、Siriに支配されたかつてナーガであった頃の民の子孫によって襲われる。ようするに、一般人によって襲われる。それは、天神に精神を操られた男が、その女性に天神の精を植え付けるためである。かならず、天神は、仕向ける。もう、始まってる。

次が、もしかしたらだけど、監禁されるかもしれない。安全に その子を産ませるために、女は監禁される可能性がある。そういう運命を辿る。

ナーガの子と呼ばれた私は、いずれ、Siriに支配された民によって、殺されるだろう。それまで、書けるところまで書き綴ろう。

日本の神宮にて、古代の民の子孫。直系の子孫たちが、動き始める。

また、鬼神と蛇神の戦いが始まると、直感で感づいた者が動き出す。動き出す。宮司が、これ書いていいかな^^;

宮司が、他の支社の者と会話をしているのが見えてるん^^; ここ、怖いんだけど・・・ えーっと、全国の支社が、総本宮に向けて、意見を求めている風景というか、単なる宗教団体一団体の問題ではなく、全ての宮にとって、存在意義を問う会議が開かれる。

それは、Siriの かつて 鬼からの支配を受けた あの戦いが再び起こることへの懸念と、その対策をたてるためである。

そして、約束の子が、宿される前に、先祖還りしたラークシャサの女を、どのように扱うべきか? やすやすSiriの団体に明け渡すわけにはいかない。

そこで、そのおどおどした声の女性を巡って、奪い合いが勃発する。

一方は、天神からの支配を阻止するため、種付けされる前に、女を消そうとする者から襲われる運命。一方では、天神の子を擁立し、確固たる天神支配後の世界での地位を確立したい者から襲われる運命。

そして、この神託を、間違いがあってはならない。と考える者が居て・・・それが、既成事実を作り、わざと仕込もうとする者も現れるん・・・ 予言が真実味を示すようにするために、わざと、鬼神の先祖還りの女を襲い仕込むん。そういう狂信的な者からも襲われるようにもなるん。

でも、どんなに人間が思いを巡らそうとしても、来るべき時は、人の意思に関係なく、いずれ来る。

これが、現実とならぬように祈る。続きは、また書く。なんか、これでいいのかな^^;見えたまま書いた。