読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

短編「世界が終わる瞬間この時を止めたい」1

短編「世界が終わる瞬間この時を止めたい」1

今日は、21日・・まさかね。
なんで、待ってるんだろう?私・・

いつから?
「うは;4時間経っちゃった・・」
私は、この日、ある人と約束を交わしていた。

彼「ねぇ。。もしもさ。21日、世界の終りが来たらどうする?」
彼は、かなり酔っていた。

うぅ;まいったなあ・・
「そうですねぇ・・一人じゃ過ごしたくないなぁあ^^;来てくれます?(ちょっとみえみえかな?)」

「いいよぉ~ じゃさぁ・・21日、もしも?世界の終りが来なかったら・・俺と付き合ってよ。」

かなり酔ってんなぁ・・
「どうしようかなぁあ~」

「俺さ。真剣なんだけど?」
そこまで、酔ってるのに・・?
「少し、酔い冷まさなくて、大丈夫?」

「何?話はぐらかすの?・・あーつまんねぇー」む^^#拗ねちゃった・・

「・・本当に最期だったら、一緒に過ごせる人いてほしいかな・・(言ってよかったかな・こんなこと)」

「そか。じゃ、24日の夜、俺と会うか?」 ダイレクトだなあ;

「・・俺と付き合ってよ。まじで。21日、待ち合わせ。じゃ、俺寝るわ」

「・・あ。はい。おやすみなさい^^(今日どうしたんだろう?こんな酔っ払ったとこ視るの初めて。)」

次の日 また 次の日 彼はノックしてこなかった。

あれだけ酔ってたし、会社行けたのかな?本当、何かあったのかな?
メールを送ってみた。「こんにちわ^^ すごーく心配したんですよ?二日酔いにならなかったですか?」
返信は来ない。時間をずらして送ってみるけど・・・来ない。

そして、今日、21日。。来ちゃいました。。「待ち合わせな。。21日」と言った彼でしたが、本当に来るのやら・・
そこへ、メールが、彼からです。
「こんばんわぁ 待ち合わせしたっけ?」
・・おい。やっぱりかよ;と思いつつ、返信。。
そしたら、ノックする音が鳴ります。入ってきたのは、彼でした。
私は、「待ってた」と言えず・・・意地張っちゃって・・彼をにらみつけちゃいました。。
やっぱりね。。あれだけ酔っ払ってたんだし、そうだよね。(あれ?なんか、すごく残念な気持ち。あれ・・なんか変なの)私、顔あげらんない。見せると、彼に気付かれる。。何を?・・


短編「世界が終わる瞬間この時を止めたい」2

もう・・・しっかりしろ!私
顔をあげて^^「しょうがないなぁ^^」ほら。。できたじゃん。。

彼「・・ごめんな」・・・え 彼から初めて聞いた言葉

この言葉、男性から聞くことは滅多にありません。彼女は、これを待ってたかもね。(天の声から♪)

このたった一言。結構・・・きます。涙に変えるぐらいの威力あるってこと。。(ある意味、一番落としどころ♪相手が、吸血鬼(男を肉としてしか視ない女のタイプを指して言う)にまで発展してなければ、通じると思うよーー;天の声から♪)


それから、彼と取りとめのない会話が続いた。時間を忘れるほどに・・・

でも、時間って、あっという間にたっちゃうもんで、、、彼が、カウントダウン始めたものだからーー;時間の感覚に引き戻されちゃいました;;

「あと、10分・・」彼は、なんとなく・・はしゃいでます。

「そうだね^^(笑顔で返す私だけど・・)」・・そうだね。。つまんない。顔に出そうでやだな・・

楽しい時間ってのは、「いま、何時?」とか「あと何分だっけ?」とか、ちょっとした些細な一言で、おじゃん。。。かといって、言わないわけにもいかない。

どちらも、「楽しい時間は、時間を忘れるから楽しい」だから、「時間に引き戻す言葉」を、嫌がる場合もある。その一言が、一変に冷める原因になったりすることだってある。

でも、心遣いがあるから出る言葉でもあるんだよねぇ 相手を思わずして出て来はしないからね。(天の声から♪)

「あと5分・・・」「・・だな」ちょっと緊張走ってます? 私たち♪

「あと1分・・・」 あれ? 彼が黙っちゃいました。。

「あと1分で、22日だ。無事過ごせそうだなwやっぱ・・・迷信だったか」

 私(先にそれを言うかーー;)
「そうだねぇ^^でも、ちょっとスリルあったよね。あと10分、あと5分とか、秒読みみたいでさ」

 ・・・あ。22日なっちゃった。

「24みたいだったなw」・・・そうだね。。「うん^^」・・そうだね。。

私(ハッピーニューイヤーkiss?ぐらいのジョークほしかったなぁ。。せっかく、カウントダウン入ったから・・私もその気になってたのに・・・)

後は、覚えてない。。。いつものように笑顔で ばいばい。。

うーーん。どうしよう?お休みのメール。。私は、ちょっと考えて、ちょっと意地悪?になって・・・こんなメールを返信しちゃった。

「世界の始りは  どうしますか?」って・・・覚えてるはずないから、ないよね?