読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

困ったことに、まだ腕が痛い。しかし、猶予はない。書く。

私が命の危険を感じ始めたのは、

今日より三週間ほど前のことだ。

右後頭部に、頭痛が走る。これが、連続して続く。一週間以上痛みは続き、ぱたっと消える。

その後、左腕、左首筋、左手首、指先にかけて、痺れに近い痛みが、走る。現在もその状況。

痛みが移動している。

わたしには、持病がある。

腰部脊柱管狭窄症

不整脈(再検査していないので、19歳のときの診断状況とは、現在は異なる可能性はある。)

低血圧症でもあったな・・

なんどか、発作に近いことは、今年三度経験している。

胸が締め付けられる痛み。

さて

そろそろ お迎えがきたようだ。

私は、母の仏前の前に、寝床を用意している。

いつ死んでも、母と父、猫たちが、私の遺体を見守ってくれる。

孤独死は、免れない。

だから、私の遺体を見守ってくれる人たちの前で、静かに朽ち果てようと思う。

寝る前は、いつも、こう仏前にお願いしています。

朝起きたら、ケロっと忘れてるけどねw

また、生きながられた。ありがとう。と仏前の水をかえながら、ご飯をそいながら

私は、また 明日起きれたら、書こうと思う。

こんなことを書いて

また、釣りにとられかねないけど

私は、悲観から書いてはいない^^