読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今日も、誰か知らない誰かが、同じページを15回観ている。。なぜなの?

注目中 リアル出来事♪

私は、書くことが好きです。

大好き。絵も 描くことが大好き。見ることも大好き。

だけど、大好きだからって、「書かなきゃいけない」って思いながら書くのは、嫌いです。

書きたいって思う時 これは、私の場合だけど

出会うんです。

この時 時間 この出会った「瞬間」に感じた何かに、メッセージを送りたい。

とか

彼氏いたんですが、捨てたんで、今いませんが、

彼氏居ても、いなくても、

目の前で、惚れる男 惚れる女には、巡りあうんですね。

誠実な男だから、惚れるとは限りません。

デリヘル行ってるのを自慢げに語る男・そこらへんで残飯漁ってる男、変態露出狂男

このような男でも、惚れる場合があります。

なんで、惚れるのか?わかりません。

ただ、すごく興味をそそられる。

追跡し、どんな経緯からそうなり、その顛末へと向かったのか・・

未知の世界の生物です。

逃したくないのです。

ただ、途中で、つまんなくなったら、捨てます。

でもね。

興味を持ったことは、無駄になりません。

ひどい女なのかなあ・・・

私は、人間に近づくのが、苦手ですが

人と会話をすることも大好きだし、ただ、長時間会話すると、イライラしてきて、相手を攻撃してしまうけれど、それでも、私は、人と会話することが大好き。

人に触れることは、出来ませんが、怖いから。

だけど、触れることが出来ないから、会話したくても会話を成立できないから、

すごく近くにいるのに、別の世界の生物みたいで

離れがたいのが 私の大好きな人間です。

人間を理解することは、私も人間に生まれてきたから、努力しなきゃだけど

義務からではなく

興味から、好奇心から

手を伸ばしても、決して届かない生物だと解っていても

手を伸ばさずにはいられない。

決して、傍に居たくない生物だけど

遠くから その別世界の生き物たちの生き様をみていたい。

私は、特別な生き物ではなく

同じ人という生き物なのに

同じ人という生き物を恐れてる それが、私という人間のマニュアルです。

誰とも違っているわけじゃない。

そこらへんにいる、ぱっとしない生き物かもしれない。

私は、その認識の仕方を、教えてもらったので知っていますが

私にとって、人と そこらへんにいる人 の違いはありません。

人は、人だから。

理解してもらえないことは、辛いけど

私が観察してきた この別世界の生物 人は、

「人同士で、誰かと比べたがる。差というものさしを持ちだして、人にランクを付けたがる。肩書という生物学的性質名を付けたがる」

私に見えるのは、

「髪が生えてる人もいれば、禿げてる人もいて、男と女という生き物に別れてて、体型も違ってて、生殖器というものが、同じ生物なのに違う。そこに、よぼよぼで年老いた生物がいて、本来生物として、細胞がしっかりしている若い人のほうが、生態域では勢力を増しているいるものなのに、「肩書」というランクが、その年寄りにはついているばかりに、若い人は、その肩書にひれ伏している。」

とても、不思議です。

ありえないから。

そんな年寄り、若い人の力で、勝負かけたら、若いものが勝ちそうなのに、年寄りを前にした若い人は、「暗黙的に、ひれ伏す。」

この光景を、社会にでて見た時、びっくりしました。

この生物の生きる世界では、年寄りに体力がなくても、力ある者を

手を触れることなく、服従させることができるのです。

あの紙切れもそうです。札束という紙切れです。

上下のみ、本物にして、中身を、新聞紙の束にした映画でのシーンをみたことがあります。

人は、その札束の 上下の絵柄に注目はしていません。

その「札束の厚さ」に注目しているんです。

それをみせただけで、人の中には、フレ付す人がいる。

目に見えない力が、この生物の世界には、ある。

それだけで、この生物を観察することには、意味があります。

物語を書こうとおもって、かけるものじゃない。

かならず、時はくる。

私は、この世界の「肩書」というものを使用するだけのスキルがない。

だけど、この世界には、目に見えないこの力を発揮し、

生物界ではありえない 生態系を維持している。

おもしろい。

おもしろくてたまらない。