読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

先祖を探るきっかけ。高校での出来事。殺傷事件?

わたしという探求 原点に

あまり詳しくは書けない。

まだ、調べている段階なのだ。

私が、こんなしょうもない事を調べ始めたのは、高校1年からになる。

その頃、私は同級 同学年の生徒から、「○○やん」と呼ばれていた。

愛称らしい。いじめの標的だったのだが、

なぜか?いじめを喰らったのは、最初だけ。

かわいいものだ。自転車をどっかに隠された。だの、上履きを泥まみれにされただの。その程度のいたずらだった。

うんで、私は、泣いて日々過ごしていたのだが、

次第に、誰も ちょっかいを出して来なくなるのだ。

私を視ると、まわりが、遠巻きになる。。。なぜだ?w

私は、何もしていない・・はず?だ。

ああ。これが、いわゆる「無視」というものか?と思った。

ところが、違うんだ。

私の記憶の中では、当時 学校の番を張っていた 女が 私に度胸試しで近付いてきたのだ。

震えて・・・ね。おかしいだろ?w 震えた番長なんて、絶対おかしいんだw

私は、あまり刺激を与えると猛獣が暴れて、どんな暴力に転じるかわからないので、笑顔で迎えた

こんにちわ^^ どうしたの?

本当は、震えていたのは、こっちなのだが、番長が震えているのが、滑稽だった。笑うわけにはいかない。

殺される・・きっと。

この番長、勝手に、休み時間来ては、私の隣に座り、甘えてくる。

「おい。私、無視されんのぉ〜むかつくんだよねぇ〜」

うざい。と思った。

「別に無視してないわよ^^」と、答えれたことが、不思議だ。

殴られるとおもってたんだが、この女は、殴ってこなかった。

取り巻きをいつも引き連れていたっけ。

ああ。この取り巻きが問題だった。

二人居たのだけど、この取り巻き二人が、私の背中にコンパスの尖った方を突き刺してきた張本人なのだ。

なんで、そんなことをしてきたのか? 今はわかる。

私は、この取り巻きが大事にしている 番長さんと 気さくに話をするからだ。

別に友達になったわけじゃない。廊下では、あっちはガンを飛ばしてくるが、

私は、にこ^^ と笑顔で会釈するだけ。そのまま、すれ違う。

すれ違った途端、殴られると思ったのだが、なぜか?殴っては来ない。

不思議な番長だった。

身の上話を、よくしてきた。父親はいない。母親に育てられたそうだが、その母親から殴られていることや 母親の男が嫌いだの言ってた。

私は、どういうわけか・・・物心付いた頃から、「他者の過去話を聞かされる運命」らしい。

こっちから頼んだことはない。勝手に話し始める。

迷惑なんだがな。。。

勝手に懐かれて・・そして、勝手に誤解しはじめる。

自分で話しておいて、人を疑ってくる。

もっとも、やっかいで、しょうもない人間ばかりに当る。

だんだん思い出されてきた。

取り巻き連中が、私を刺してきた動機ってものがね。

自分たちが大事にしている番長さんが、自分の過去を こんなわけのわからない女(びえい)に、話していたり、

番長なら番長らしく、殴る蹴るぐらいの挨拶はしてもいいのに、

一度として、してこなかったのだ。

だから、制裁を与えられたんだろうな。

よく死ななかったと思う。

あの時の記憶が、あいまいだ。。私が人格が変わった瞬間だから。

記憶を覗くと・・・私は、あの取り巻きどもに、制裁されて、仕返しをしたようだ。

刺されたお返しは、刺し返す。そんな映像が流れる。

覚えてないのだ。本当に起こったのか?

でも、あいつらは、しばらく学校にこなかった。

私はどうしてたんだろう?

途中からの記憶しかない。

廊下で、あいつらの番長とすれ違った。背後にあいつら取り巻きがいて、私を視るなり、番長の背後に隠れる。びくびく怯えている姿。

番長は、いつものように ガンを飛ばしてくる。

私は、笑顔で会釈して すれ違う。

何が怖いんだ?今考えても、何を恐れているのか?理解できない。

この事件と、先祖を探ることに繋がりはない。

だけど、私は、目に見えない何者かに、常に守られているのかな?と思った。

人によって 反応は違う。

まったく感じない?人は、私が近くに居ようと、平気なようだ。

まったく感じないわけでもない人は、私が近寄るだけで、怯え始める。

特に、女子に多かった。この反応は

男子は、別だ。やたら、触ってくる。当時から、セクハラ男子が多かった。

スカートを捲るのは、挨拶だ。

胸をタッチされる。これも、彼らなりの挨拶だ。

そして、お誘い。これは、挨拶ではなく、「廻すことが目的のお誘い」だ。

当時は、OBである先輩からの呼び出しに応じる同級が多く、裏で、同級の女の子を物色してきて、乱交パーティを開くことが、公然と行われていた。

妊娠して退学された女子が、同級に二名いる。二人とも、この乱交パーティの被害者である。

と、他人事のように語るが、私も狙われていた。

やたら、お誘いが多かった。

母が、勘が鋭い人だったので、未然に防げた気がする。

私は、当時を語りながら思う。

今、40代になり、30代後半組の後輩をみてきて、

当時の高校時代と重ねてみる。

当時は、教師による体罰が激化していた時代だった。生徒同士によるいじめ問題よりも、教師の体罰の激しさに耐えてきた世代が、うちら世代だったと思う。

それが、今 こうして歳を食って、TVでも騒がれているが、「モンスター化した大人」のことが、いつも取り上げられている。

彼らは、普通の高校時代を過ごしてきてはいないのだ。私も含めて。

暴力を暴力と思わない当時の大人たちのルールをみてきた世代だから。

今、反動が帰ってきている。ただそれだけなのだ。

私は、人の流れを視てきた気がする。

当時から、人の間に、闇はふつふつと沸いてきていて

倫理や道徳など、崩壊しきっていた。

私は、昼休みは、常に、図書室にいた。そして、放課後は、図書室にしばらくいて、その後、書店に入り浸るといった日々を過ごした。

とにかく、本を読むが好きだった。

書店員さんは、覚えているかもしれない。いつも、帰る時間は、6時過ぎていたから。(当時は、カバーがかけられていないノベルやコミックがほとんどだった。)

我が家の門限は、午後7時。

過ぎれば、警察に連絡される。同級から言われたことがある。

おまえのとこの門限ってありえねぇw と・・・

そして、いつものように、本を探しては、読みふける日々が続く。

ある日の図書室での出来事。 二つ上の先輩と一つ上の先輩に出会う。

二人とも男性。

今でいえば、草食男子っぽい二人。結構いい男だった。

この二人が、私に考古学という類の書物を教えてくれた張本人である。

つづく。