読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いま住んでいる家にも、かつて居た。

わたしという探求 原点に

これは、視得たわけではないので、なんとも言えない。

ただ、 それは、 そこに居た。としか言えない。

居たんだ。

うんで、そいつは、私を たびたび金縛りかけて 上に乗っかって苦しめてきた。

だけど・・・

その度に、私が 私ではなくなり?

「喰われてぇか?」と、何も見えないはずの天井を、睨みつける 私がいるのだ。

一度睨むと、そいつは、離れる。

どこから来るのか?それは、わかる。

勝手口からだ。

私は、常に、勝手口を睨んでいた。

「来るならこい。喰ってやるから。きな」

なぜ?私は、勝手口に、そんなことばかり言ってきたのか?

わからない。

ただ、勝手口を視るたび、獲物がこちらにやってくるのを

待ってる自分がいるのだ。

そのときの自分が、一番怖いな。

喰いたくて、喰いたくて、喰い尽くしたくて・・餓えを抑えきれないのだ。

目の前で、まな板の上に載せた 鳥の胸肉をぶつ切りにしていても

私の獲物は、勝手口にいるからだ。

あいつらを喰わないと、あいつらのほうが美味い。

私のえさだ。と

なんで?そんな感情がこみ上げていたんだろう?

今は、今現在は、違う。

なぜか?勝手口から、あいつらの気配はない。

えさらしいえさは、覗いてこない。

何かあったのだろうか?