読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

心理描写 男が二人いれば、女はどうする?

祖父と母と父と私の視てきた 人

巳影が今描いてる物語は、「眼鏡サンタと白髪のトナカイたち」の続編。

前、ここに描いてた物語なんだけど、あのときは、思いついたまま描いたんで、ちゃんと物語になってなかった。

専門用語も間違えてるし パテじゃなくて、「テンパリング」ということも。

この眼鏡のサンタには、モデルがいる。

実いうと、巳影本人です。

ある経験をしています。母に、母の日のプレゼントに「キッチン用具」をプレゼントしたことがありました。

母は、受け取らなかった。「よくも、育ててやった恩を 仇で返してきやがって!このくそがきが!」と、殴られた記憶。

母は、気に入った物しか受け取らない女だった。

巳影は、母に欠けてるものを訴えたかった。

母に必要な物をあげたかった。

それが、一番、大好きな人を助ける手助けになると思っていたから。

母親っていうものは、自己満足しなきゃ、子供を育てられない生き物だと思う。

「子供を産んだこともないくせに、偉そうなことをいうな!」と

閲覧者は思うだろうな。これをみて

だけど、巳影は母親の一般的な気持ちなんてわからないけど

愛されたかった人に伝えたかった子供の気持ちはわかる。

母親の大変さはわからなくても、母親を助けたかった子供の気持ちはわかる。

それが、「眼鏡サンタと白髪のトナカイたち」の作品の原動力にあります。

私は、殺してやりたいほど、母を憎んできた。

愛されたかった。

私が愛するしか、憎しみを抑えることができなかった。

愚痴ではなく、その過去があるから、巳影は描ける。