読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

メリークリスマス皆さんへ それと 父と母とまるちゃんとむっちゃんとトットちゃんへ

ブログ閲覧者の方たちへ メッセージ

今年のクリスマスは、小説の続き考えてばかりで、なんにもせずに終わると思ってた。

昨日の夕方かな?

びえいは、椎茸と栗芋の炊き込み炊いて パクパク食べていました。

そしたら、自分の茶碗の中のめしを箸ですくおうとして、箸があらぬ方向へ、「ススス・・・」と移動したんです。(空中で、箸が すー っと、横に移動したの。)

それで、「ああ。父か、母が近くにいることを知らせてくれてるんだ」

と思い、箸を置いて、仏前の水をみんな替えて、ご飯をすくって供えた。

それだけじゃ、きっと、「たらん!」と言い出すだろうから・・・

ケーキを買ってきて、みせて^^;

「あとは、びえいが、食べるねぇえ^^v」と、言って食べました。

ここまで読んだら、「結局、びえいが食べたかっただけだろw」と

言われそうだけど、

本当だから^^;ははは・・

母は、ありうる。母の力は、びえいが信じてるから。

ただ・・・困ったことに、母の力を受け継いだばっかりに、びえいは

大変なんですよーー;どうしてくれんだって><

今年の起こったこと。

あるバイトで、びえいは、一生懸命働いていました。

こんなんでいいのかな?と思いながら、ぼちぼち・・・

そしたら、いきなり、脅迫されるという@@;「なんじゃこりゃ」的なことが起こったのですね。

そこへなんですか・・・いきなり、天井に「赤い たっぷりとした鯨のような形の 透明な物体」が、ゆったり ゆったり 南から現れ、西の方角へ流れていくという、

びえいが、ここに生まれてこの方、観たことない「ぞっと来るもん」が出てしまったんですよ。

ああ。かあちゃんが、怒ってる。。そのときは、そうは思わなかった。

だけど、かあちゃんが死んでから、近所の3婆が 静かになったのだ。。

一人は、70歳超えてるのに、急に、腹部が3つ子でもいるの?みたいに、腹部だけが異常に膨れ上がって、路上ですれ違っても、私を視るなり、おびえたように、道のはじっこの寄っていって、怖れてるのがわかったから。このおばさんの旦那さんはどうした?と思ったわ。

だって、いっつも、おばさんは、旦那さんといっしょだったから。

どうも・・・入院してる様子。それもからんでるな・・

そして、もう一人のおばさんは、元気だ。あの人は、母の呪いなんて受けても、絶対死なないタイプ。母が、鬼なら、この人は、悪魔。

鬼と悪魔の対決に、勝敗は付かない。

もう一人は、ちょっと怪しい。決して、うちに近づこうとはしてこない。とりあえず、母を殺そうとしてきた女が、この人なんだけど、

憎い女が死んでから、意外に、大人しい。

一番、母の力を恐れてた女だからな。なんかあんのかな?と思いつつ、

びえいは、この女がしきいをまたぐなら、覚悟を決めてる。

なんにしても、まさかとは思うけど、

びえいの場合、黒巳ちゃんとおみぃさんと仲良くやってるから^^

母も、安心しろb

ただ、もしも?母の怨念だったとしたら・・・やめてくれ。

びえいは、そんなこと望んでない。

今年溜め込んだものは、しばらく吐き出すと思う。

ごめんね。