読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

人とは、勝手のよい生き物です

祖父と母と父と私の視てきた 人

私も、人の一人だけどね^^

人が、一番ほしい情報っていうのは、「お金を払ってでもほしいもの」

と 「なるべく ただ で手に入るならほしいもの」とある。

リスクを伴う情報は、有料にしがち。

ただし、リスクを伴うので? 限りなく正しい情報でなければいけない。

それが、「お金を払ってでもほしいもの」

お金を払う時点で、リスクを買ってることになるの。

反対に、「ただ」だと? 人って、「リスクがあるなし」を判断しづらい。

心の財布の紐が、緩むからなの^^v

「ああ!ただだああ>< ラッキー!」と、「ただ」と表示された商品を目にして

それが、裏書に「取り扱い注意」と描かれていても?

「ただ」が、目に入るので、裏書に目にいかないもの。

だから、後で、何か起こっても?

「どうしてくれるんだ?!顔のぶつぶつを><」とか、薬害が生じても

裏書注意をよく読まず、「ただ」であることだけに注目し、飛びつくと、痛い目にあうb

それといっしょでね。

びえいも、危うくそれを同じ状況に陥るところでした。

びえいの認識している 為替情報への提供の姿勢 と

他者がそれをどう?認識しているか? しかも、「ただ」である情報だから、いくらでも、リスクを背負ってしまう。。。

そうなんです。この情報には、びえいは、こう書いています。

裏書にね。

「びえいの素人目での分析結果なので、参考までにしてください」とね。

ですが、有料と謳っていないので、他者は、この情報をみて、

真っ先に! 「ただの情報」 「ただで手に入る」という点に、注目して、背後を振り返らない。

この取引には、リスクが伴うということです。

ある方に、そのことの危険性を認識させられました。

なぜ?人は、情報にプライスを付けるのか?

それは、リスクがあることを、他者に認識してもらうために、

リスクには、お金を払ってもらう。それで危険を承知の上なら、買ってください。って意思表示なの。

ただ、人は、身銭を削ってまで手に入れた情報は、注意書きを、よーく隅々まで読むでしょ?だから。

だからね。怖いと思った。

ただほど怖いものは、ない。とは、こういう意味なんだ。と思いました。

それと、タイトルの意味なんだけど、今から話す^^

人っていうのは、ただ だと いっぱいいっぱいほしくなる。

わがままにもなります。 だって、 ただからいいじゃん。けちけちするなよぉ〜 って感じでね。

それがね。人の勝手のよいところは

情報は ただ で開示してる間は、二通りの文句をつけてくるの。

ただ だから まあ、参考程度でいいか・・・と消極的な人と

ただ だけど 結構使える。利用してみるか・・・と積極的な人とに

これがね。。。。 明日から、 有料にします^^ となると

この情報に、こんだけの値段あるか?やーめーよ・・・と消極的になる人と

この情報に、これだけの値段付けるとは勝率がいいのか?・・・考えてみよう と積極的になる人とに

上と 下とでは、ぜんぜん印象が がらっと変わるんだよね。

本当に、お金をつけるだけで、人の見方は、がらっと変わる。

昔、びえいは、ある画家に学んでいました。師匠は男性だったんだけど

もう一人師匠となる女性がいて

可愛がってもらってたんだけど、びえいは、弟子の中で、人の瞳の描き方が誉められていてね。先生から、いつも付きっ切りで、教えられていた。

すごく怖い先生だったけど、真剣さが伝わってきて、すごく大切な人だった。

だけど、びえいは、彼女から逃げた。

彼女の考えは、こうだった。

どんな絵を描いても、決して、「ただ」で売るな。

びえいは、先生にきくんだよね。

「なぜ?私の絵は、お金をいただくほど・・・自信がありません」

「自信とかそういう問題ではなくてね。一度、人様の前で披露したからには、 ただ でみせてはだめなの。」

「1円でもいい。いくらで買っていただけるか?相手の方に聞くのも、自分試し。だけど、自分の作品には、自分で値段を付けなさい。」

「貴方の名前もそう。貴方の名前にも、値段がつくことなります。むやみに、所かまわず、描いてはだめです。それが、プロです。」

びえいは、この重さに耐えれなくなった。

期待が重くて、自信がなくて、そして、もう一人の師匠。うちの母の期待。

全てが怖くなり、逃げた。

いま、まさか、為替で この言葉を思い出すことになるなんて思いませんでした。

嫌な出会いもあったり、嫌な言葉に出会ったりするけど、師匠を思い出すたびに、

貴方の言葉は正しかった。プロとして立つということの厳しさを教えてくれていたのに、私は、筆を折った。

ああ。なんか、愚痴話になっちゃいましたーー;いけませんね。