読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

びえいに視えたものを伝えること 覚悟いるんです

ものすごく短いメッセージ

びえいには、今お伝えしたほうがいいことが、一つだけあります。

ただ、別の場所で書いてる。

ここに書かないのは、気持ちの整理が付かなかったから。

いつもなら、こちらに書くことなのにね^^;

不確かな現象、幻像は、常に、びえいの周りで起こっていました。

精神を病んでいるから?と、思われたら、それで終わりーー;

だけど、怖いのは、起こってしまった現実が、何度もあったことです。

まさか・・・そんなはずないじゃん・・・なんで?!

って、混乱する。

あの大嫌いな母から、教わったことに、こんなメッセージ残してくれています。

おまえが、後悔しない選択をしろ。

後から後悔して、「しておけばよかった」と嘆くよりも、「何事も起こらなければ、これで、よかった」と思えばいいだけだろ?(別サイトじゃ、こんな書き方してねぇなぁーー;)

ここじゃ、もう慣れっこのことなのに、ここに書いてないーー;

どれだけ、心の比重が、あちらに向いていたのか?思い知らされました。

たぶん、こちらには関係ないことなので、お伝えしていません。

身近で起こるか、身近で関わった人に起こるのか、今までの経験だとそう判断すること。

メッセージを残すことが正しいのか、起こらなければ、びえいは、大嘘つきですから^^;

けど、起こらなければそれでいいじゃん。

怖いのはね。ここに、このメッセージを残すのは、次のメッセージを、心にとめておいてほしいからです。

予知や予言というものは、生き証人がいて初めて 後世で事実と照合される。

生き証人がいなければ、事実は誰にも知られず闇から闇へ葬られる。

前者は、「当たらなかった場合」に、人がよく取る行動

後者は、「当たった場合」に、事実を告げれる人がいないので、何事もなかったかのように終わる

そういう意味です。