読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

残念でならない 言葉だけで事を得ようとする現在男性

わたしという探求 原点に

びえいが、覚えてるあの映像には、ドラマがあった。

ムード

言葉で表現するとすれば・・・

視線だけで、女性を愛撫する姿

それを感じて恥らう女性の 熱い姿

今の男性には、ムードがない。。。

「やろう」「いますぐ」「好きでしょ?」

ダイレクトで、男らしいセリフと思ってるのだろうか・・・

女からしてみれば・・・萎える一言なのだ・・・

ムードがない。というのはね。びえいが、この不能者が言えた義理ではないが

女は、言葉だけでは 信じない生き物。

女は、言葉なしでは、生きれない生き物。

だということを、念頭に入れておかないと、口説けない生き物だということなんだよ。

「あなた好きです。だから、抱かせて」

萎える。ぜんぜん、響いてこない一言。男としての魅力ゼロの一言。

散々誉めて、女性を喜ばせて・・・それでも、肝心なとこまでいけないで、悩んでる男性が 失敗してる行動。

なんだと思う?

「イライラしてる言動が現れてくる。」

これを、女は、勘で、察するんだよ。「ああーーなーんだ。やっぱ、それ目的か・・めんどくさ」

一気に冷める。なぜ冷めると思う?

いままで誉めてた言葉の羅列が、これ目的のためだと解り、ましてや「イライラした言動が目立つ」と、

男の目的への周到さを読み、本性を読み、短気であればあるほど理解する。

早く終わらせたい。満たしたいだけが目的だとね。

そしたら、女は萎える。

あの裏ビデオの 男優は、演技であっても 男の情念を描く演技のあり方は、現在男性を超えていた。

女を口説く。男の情念を余すことなく、ぶつける。野獣かもしれない。

だけど、言葉で足ると思ってない。獲物を確実に仕留めるハンターの視線。女よりも女の欲望の目をした男の情念の瞳。

ない。ぜんぜんない。視線を隠してても、にじみ出てくるものだ。

まったく!視線が空間から伝わってこない。

言ってはいけないことだ。わかってる。。。

だけど、あまりに酷すぎる。。。

これでは、少子化を押さえ込むことはできない!

単純でもね。いいの。

策を講じるな。身の丈にあった策は講じても、それを超えることをすることは、相手に、貴方の良さは伝わらない。

身の丈を超えた顛末は・・・イライラして終わる。ただそれだけ。

貴方の男度を下げるだけだ。

びえいは、いえなかった今までの言葉を吐いてる。

すまない。言いたいことは、言い切れてない。言うべきじゃないこともわかってる。けっこうつらい吐き出し。