読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

私が夢見た家庭 一家団欒

おかあたん

びえいにとって、決して得られなかったもの

テーブルで一緒に食べる家族の姿

自由に描かせてくれるびえいだけの世界

漫画が好き。映画が好き。小説が好き。唯一 びえいが逃げ込める範囲で楽しめるものだったから。

漫画はね。びえいの場合、一ヶ月のお小遣いが決まってて、食費も医療費も交通費も衣服代も全てこみで、一万円でやりくりするようにもらってたの。

びえいは、どうしても、読みたい漫画があって、一万円の中から、食費を削って、衣服代削って、買ってた。

「おまえ!それどうした?」って、かあさんから指摘されるんだけど、食費削ったから、別にいいだろ?と返すw

一銭もやらねぇからな!いいな!あとで、くれって言っても、やらねぇぞ!わかったか!

はい^^;これ、毎回言われてた。びえいは、それで、アルバイトやろうと思ってたんだけど

なぜか?母親は、「だめ」 ガキに、余分な金持たせると癖になる。とか勝手なこといって、監視つく。

午後7時までに家に帰ってこないと、警察に通報。。一度だけだけど、本当に通報されたーー;

二十歳になってからは、最初の給料を、親に全額渡す。まあ、最初の給料だからってことで、ちょっと、親子らしいことをしてみたかったってのもある。

返された言葉 

今後、おまえは、親のために毎月給料の半分は、差し出しな。それが、子供の親に対する孝行ってもんだ。さからうんじゃないよ!

びえいは、これに対して、ものすごい反発したけど

まわりの大人が、「子供が、親に金出すのは、当然のこと。それは、びえいちゃんが間違ってる。」って、追い立てるんだわーー;

そんな世の中もあったのよ^^;

うんで、給料吸い取られていました。

さすがに、もう自分の人生設計たてらんないし、こんな人と一緒にいられないって思って、こっそり、家出計画立てた。

かなり遠くにあるアパート借りて出ようとね。。。

大家さんが、気になったんだろうね。うちに電話よこして、それで、母にばれるーー;

最初は、めちゃくちゃ怒ってた。

てめぇ!そんだけの金隠してたのかよ!どこに隠してる?だしな!

で、びえいは応戦して、

私出るから。あんたみたいな女の傍にいたら、私、自由になれない。

で、かばんもって、玄関でた。

あの母親が、追いかけてきた。。。「いかないでよ;;なんでいくのよ!」って、泣いてすがり付いてきたんだよ。

ぼろぼろになって、初めてこんな泣き顔して引きづられても離さない母の姿みたよ。

夜中だったんで、近所中に響き渡る・・・母の泣き叫ぶ声ーー;

しかたなく、家に戻りました。

母は、金の亡者だった。こんな女は、滅多にいないと思う?

子供を生み育てることが、「自分の金づるにするため」って母親は、結構いるよ。今の時代なら。

直接的ではないとしても、「いずれ、この子に面倒みてもらいたい。」って、まだ言ってる親のほうが多い。

これを視てるから、びえいは、

いまの時代は、 大きな子供をあやす 子供たち って図が視得るんだよ。

自由なのは、大きな子供たち(現在の大人ってやつら)で、

子供は、大きな子供たちの邪魔にならない範囲でなら、遊ぶことを許される(過度な 禁止 禁止 まあ、過激表現過ぎで漫画もそうだな)

子供が自由だなんて、嘘だ。

お金 お金 びえいも、お金は大切だよ。ろくな男のために使うよりはね。自分のために使う金は、大切。

子供が、自由を得るためには、金がいる。

大きな子供から自由を得るためには、金がいる。

間違ってるかもしれない。この発言はね。

でも、間違ってるって感じてるやついるかな?

昔話の最後に・・・

もしも?びえいに、金で手に入れたいものがあるとしたら

一家団欒

地位とか金持ちになるとか、どうでもよくってね。

ちゃんと、テーブルに付いて、食事を一緒にする。当たり前に、毎日ね。

それが、びえいにとって、金を使うだけの価値あるものです。