読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

また、同じ失敗繰り返したーー;スランプ

そんなに大した損失ではないのだけど

その日、どんなに体調が良くても、いきなり襲ってくる「意識喪失?」ってやつ?

はじめは、単なる眠気かなーー;と思ってたんだけど

おかしいと思い始めたのは、29歳の時だった。

びえいは、あの頃は、5日寝ずに製作に没頭するほど、好きなことがあった。

物づくり

大げさに聞こえたかもしれないけど、5日後 母が泣いたこと記事に書いたっけ。。あれ、実際にあったこと^^;

夢中だった。指先からくる感動でもあり、画面に、想像した動きが・イメージが実現されていく・・・陶酔した・・・

それが、最初は、目の前が、視界がぼやけるようになり、

「もしかして?これが、ドライアイ?」ぐらいに思ってたけど

眠くて眠くてたまらない感覚。アクビなし、ただ目をあけていても、勝手に閉じる。力が入らない。指先にね。

そして、だんだんはげしくなる。この症状が

誰かに相談しても、更年期じゃない?速いらしいよ。といわれるしーー;

確かに、最初疑った。でも違ったけどね。(更年期特有の イライラ・体の中の熱くなる感じといったものが、ないの。)

びえいの場合は、体を触るとわかるんだけど、「冷たい」死体のように、冷たくなる。特に、手・足先が 触っただけでわかるほどの冷たさ。これは、当時付き合ってた彼氏からも言われたので、事実。

これから集中したいのに、まだ作りたい。でも横になりたい。

心は、「横になるな!この程度か!おまえのやりたいことは!」で

体は、「いますぐ横にならないと、おまえやばいぞ。死にたいのか!」なんだよ。

どんなに 目の前に、イメージが広がっても、それを表現できない。

魂だけでも、パソコンを扱える技術が出来たら、どんなにいいかって思う。

この肉体のせいで、出来ない。 この言葉を吐くことが、嫌だ。

身体障害抱えてる人に失礼じゃん。びえいは、五体満足にある。普段の生活はなんの支障もない。

また疲れてきた。そろそろ限界

あいつに言われた言葉が、刺さってくる

やれば出来るのに、ちゃんとやれよ!

やったよ。ぜんぜん満足してない。まだ先があるんだ。こんなもんじゃない。まだ先にあるイメージに届いてない。