読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

人が、一番体験したくない経験 恐怖、妬み、憎しみ

びえいは、ここのところ、情緒不安定です。

今日ようやく、その原因がなにか?気づけた。

何も言わず、ただ、玄関を乱暴に叩く 素性の知れない男たち・・・

これが、一つと

夜9時ごろから、頻繁に 鳴り続ける電話・・・

一度切れたら、すぐかけてきて、なり続ける。それが、5回は続く。

そして、ようやく諦めて・・・かけてこなくなる。

これが、二つ目

びえいは、なんで?寝不足なのか?ようやく、気づいた××;

どうして?いままで、このことを、異常だと認識できなかったんだろう・・・

びえいの悪い癖が出てたようで、

「めったに体験できない事象に、好奇心旺盛になる」

つまり・・・人間が取る異常行動というか、あせりを、びえい自身が抱いた恐怖さえ研究対象にして

観察している 冷たいびえいがいるのです。。。。

普通、警察に相談するのに、びえいは、なぜか、思いつかなかった。

でも、友人に助けを求めての行動があった。

それで、ようやくわかった。

びえいは、怯えていたんだ。これが、怯えるって体験なんだって、知りました。

びえいは、今日は、ツイッター初挑戦後で、フォロワーした方の中に、興味抱いた内容あったので、今日の記事は、こういうタイトルにしましたが

人って、生きているうちに、一番体験したくないけど、おそらく誰より先に体験してしまう 感情 が、これなんじゃないかな?って思って書いています。

恐怖・妬み・憎しみ

怯える、、何に?なんで?何が? そして、怯えから来る行動

消し去りたい、なぜ?消し去りたいの? 人の恐怖は、恐怖する対象を消去したがる。なぜなんでしょうね?

びえいは、今日、初めて 怯えたんだって認識して、「なぜ?人は、恐怖から、対象を消し去ろうとする行動」が視られるのか?考えました。

答えが出ません。けど、体験したことが、きっと役に立つと思えた^^v

同じようにね。

びえいは、人が、妬む感情 人と比較するときに抱く劣等感・優越感

も、体験しています。

人と比較する必要のないところで、比較し、「負けを認めてしまう自分」を、経験しています。

そのとき抱く感情は、恐怖です。自分の居場所がなくなるという恐怖。

そして、恐怖から来る行動。消し去りたい。消えてほしい。

なんて、自己中な感情なんでしょうね。妬みというのは、身勝手で、自己中な感情です。

短いけど、次、憎しみ。

これはね。すごく深い感情です。

びえいは、母を憎んでいました。父も憎んでいました。

だけど、愛してもいました。

憎しみの感情のなかに、共通したフレーズがあります。

「どうして?」「なんで?」「なぜ?わかってくれなかった?」

です。

期待なんです。根底にあるのは・・・憎んだ対象に対する期待が高ければ高いほど、憎しみは増すんです。

そしてね。びえいも、辿りつきたくなかった 根底なんだけど

憎しみの根底にあるのは、愛情なんかじゃない。

根底には、大きな鏡が立ってます。

そこにたどり着くと、自分が映ります。目を背けたくなるような姿で

憎んだゆがんだ顔じゃなく、映っているのは、「自らが気付いていた、気にしていた、でも、黙認していた 恥ずかしい自分の姿」なんです。

そこに映っている自分の姿に、近づきたくなくて、人は、憎む。

そこへ、近づきたくなかったのに、気付かせてしまった対象を消し去りたくてね。。。つまり、これも、恐怖からなんだよ。

これは、びえいが体験して視えたものだから、違うって意見あっても、自己体験を否定はしないよ^^

これを書こうと思ったのはね。

ツイッターで、「いじめ」について議論や相談がされていたの。

なんだか、書きたくなってね。これを。ただ、それだけの記事です^^