読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

昨日の続き 最悪の組み合わせ トリプルAの家畜 と トリプルCの蓄農家

蓄農家と家畜の研究

トリプルAの家畜は、 自由で、浮気性だと書きました。

で、昨日、語れなかった 蓄農家の等級別性質の説明の続きです。

大抵、世の中の大半の 家畜 蓄農家に多い ランクは、トリプルB そして、Aクラスです。

だけど・・・家畜では、めったに見られない トリプルC(びえいも、わからない。)が

蓄農家には、多い。

トリプルCクラスの蓄農家は、蓄農家の痕跡を持って生まれては来るが・・・果ては、「吸血鬼」になる運命です。

彼女らに、共通している性質は、家畜に対する見方です。

彼女らにとって、家畜とは、等級を上げるための手助けをする存在ではなく、

肉です。 生き血を吸い上げ、干からびるまで、じわりじわり吸い殺していくのが、彼女らの生きる目的。

彼女らにとっての家畜とは、「上等な肉を、いかに、狩り捕るか?」を重点に置く 獲物であり、彼女らにとって、家畜の命とは、

神のためではなく、自らを潤すための生き血・生きる糧 に過ぎません。

ですから、彼女らが、一番に狙う獲物は、上等な肉である、トリプルAランクに等しい存在を狙っています。

狙った獲物を手中に収めるために、あらゆる えさを撒き、おびき寄せ・・・急所を突く(誘惑し、落とすb)。

そして、最初は、死なない程度に・・・そして、干からびる寸前まで追い込み・・・

血の一滴も残さず、奪い取り、命を捕って、消えていくのが、彼女ら トリプルCクラスの蓄農家?(吸血鬼)の性質です。

昨今の 家畜に見られる 「デジタル飼育に慣れた家畜たち」の性質について書いた記事の中に、アナログ蓄農家を避ける(現実の女を選ばない傾向)があると書いたのは、これ。これが、原因。

じょじょに改善されつつあるようですが・・・

一度 家畜の間で、トリプルCクラスの蓄農家の 残像 を残してしまうと、なかなか 牧場に戻ってきませんーー;

デジタル飼育が、生まれた背景は、そこにあります。

「もう・・現実の女子いらないでしょ?二次元で十分。稼げるし▼▼b」というやからが、デジタル飼育システムを構築し始めます。

なんのストレスも与えない。ほどよい刺激としてのストレスを与えてくれはするけれど・・・

この ほどよい環境を与えてくれる デジタル飼育 に 家畜は、ならされていった。

一言でいえば、「養殖です^^v」

手作業での家畜育成よりも、大量生産化することで、よりよい家畜を育てる。効率的システムです。

本来なら、この育成によって、見返りをいただいていた 蓄農家は、商売あがったりです。

母が、昔いってた・・・女を使って獲物を捕る 鵜飼い

今の時代は、鵜飼いが、蓄農家の 蓄農技術を盗み、それによって、家畜から、甘い生き血をすするというシステムが定着しているといえます。