読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

フェアではないので、蓄農家の等級別け そして、性質を語る

蓄農家と家畜の研究

びえいが、母を見てきて思ったことは、

蓄農家 つまり、女とは、「育成技術にこだわる生き物」だということ。

母は、×いち なんだけど、前のだんなさんというのが、「マザコン」で、マザコン夫の母と、夫の扱い方・食事の内容・与え方に至って、お金の管理のしかたまで、事細かく、難癖をつけて来られた経験がある。

びえいは、客観的に、双方の 女 を 想像した。

どちらにも、等級をまず付けて判断する。

まず、母を、トリプルAクラスの 蓄農家と仮定

そして、相手の義母も、 トリプルAクラスの 蓄農家と仮定

こっからは、話を聞きながら、双方が主張する「家畜の育て方」によって、より?どちらが、メイン家畜に与えていた ストレス度が高かったのか?低かったのか?

比較することにした。

びえいは、母が、ぼろくそのように、マザコン夫を罵倒していた時点で、「ネガティブ判定」に値すると判定。

たとえば・・・

「お義母さんのこと、なんとかしてよ!いつまで、家にいるの?」

この言葉は、マザコン夫に、相当なストレスを与え、肉質を落とす原因になりかねない。

蓄農家は、家畜の肉質を落とした時点で、蓄農能力が劣ると判定される。

しかし・・・相手の 義母も見てみる。

ただ、家畜を甘やかし、家族を大切にするという夫の役割を教えず、「義母だけを大切にしなさい」と、暗示をかける。

家畜へのえさの与えすぎは、家畜の肉質を 落とす。自己の技術におぼれているのが伺われる。

以前は、トリプルAクラスの蓄農家だったのだろう・・・この人は。。

なぜかというと、義母の夫は、母曰く、「夫より優れてる。いいお父さんだった。」というコメント。

義母が、先に 育成するのは、マザコン夫ではなく、「実の夫から」である。ちゃんとした育成技術がなければ、「特Aを維持させたまま、息子の世話をすることはできない。」

そこを視て、びえいは、義母は、以前は!トリプルAクラスの蓄農家だったと判定した。

しかし、トリプルAクラスに共通している性質は、「自由である」こと。そして、「等級維持のためには、「ミネラル補給」が必要」だということ。」

浮気に走りやすいのだ。。。。

育てあげた夫の 等級維持は、意地でも落とさないプライドを持っている トリプルAクラスの蓄農家だが・・・

完成された者に、魅力を感じない。

未完成である「これから、磨き上げる価値のあるもの」に、興味がいきやすいのが、このクラスの蓄農家に共通した性質だ。

彼女らは、「蓄農技術に、ゆるぎない自信を持っている」

その自信がもっとも強いクラスだからこそ、自ら育てあげた 最高肉質の家畜 つまり、「息子」を・・・溺愛するのは、当然。

ただ、自信におぼれ易いゆえ、与えすぎる愛が深ければ深いほど、「蛇足」となって、息子の肉質に、微妙な影響を与えやすい。

溺愛するばするほどに、息子の世話を 他の蓄農家に任せられない。

自身の蓄農技術に勝る 蓄農家などいないと思っていることが、

嫁・・・息子の成長の引継ぎ

これを、妨げる。。。。

それが、顕著に現れている時点で、義母の等級は、トリプルAからはずされる。

さて、長い検証になったけど、

母は、おそらく、A

義母は、おそらく、トリプルB

義母を母より、クラス下にしたのは、「義母の影響を多大に受けて育っている 息子の肉質は、ミネラル補給が許されない。」

まずい。びえいは、また吐き気出たので、つづきは、明日ーー;