読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

じーーーーーと、視線があるほうへ、びえいの視線を 浸透させてみる

ついでに、黒巳ちゃんも?(最近の黒巳ちゃんは、あんまり人間に興味持たない。飽きたらしい。)

かわりに、おみぃさんといっしょに、「じーーー」

まあ、いいや。人間の「野次馬根性」ってやつは、生態としては、特殊だが、それが、人間の特徴的生態とも言えるので、研究材料として視ることにする。

今日は、一人の人間、隣のおばさんが来る。

「あんた、何しとるんね?お母さん亡くなってから、一度も外でてないでしょ?」と、心配して

まさかね・・このおばさんが、心配なんてするはずがない。

我が家の生活状況を常に監視し、「土地を売る気ない?」といってきてた曲者だ。

売る土地たって、おばさん。。。去年の震災から、地価下がったじゃん

前の価値の半分もないよ。ここらへんの土地。

おばさんとこの家も土地も、半値でしょ?いまさら、うちの土地買って、どうすんの?と言いたかったが

話は、生命保険いくらもらったん?

はっ・・、また、金かよ。

女は、私も含めてだが、「自分より、金持ってる女が、嫌い」

「自分より、金目になる男をもってる女が、嫌い」

すべてとは言わないが、男依存型の女は、「依存対象の経済力が、生命線」なので、

男とは、すなわち、彼女たちにとって、「肉」だ。

それで、「いくらもらったん?」としつこく聞いてくる吸血鬼蓄農家

だれが言うか。。。

依存型に多いのが、夫主導型。自分の意思というものを持たない。

生命線を絶たれたらおしまい。

よく、隣から、おじさんに、怒鳴られてる彼女を 耳にしている。

ストレスがたまるタイプ。

びえいは、母を見てきたので、母が基本だけど・・・

びえいの母は、ホステスやってきてたから、父のことは、はっきり「肉」と言ってたし、本人の前でw

肉は、金だけ落として、さっさと、仕事にいけ。が、母の言葉だし

だって、家畜に、人権は必要ないから。家畜の権利がある男のほうが幸せなんだって。

おばさんからしてみれば、うちの母の言動・態度は、

やりたくてもできない。「私は、こんなに我慢してるのに、あんな女嫌い」まあ?嫉妬。気に入らないわな、そりゃ。

びえいは、面倒だな。。。女のこれが、一番面倒

女だからわかるんだけど

女の 卑しさ 男のほうが、まだ、家畜だからましだと思う。

蓄農家ってやつは、「育てることは許されているけど、肉を食すことは、許されない。」

家畜は、「あくまで、神のみが食すことを許された神聖な供物」だから。

自由度が高い生き方ができるのは、家畜である男のみなんだよ。これって。

最終的には、お客さんって名の?夢って名の?「神」に、身をささげるのが運命でも、後悔しないっしょ?

女は、神に身をささげても、「お世話することは許されても、身をささげても、なんの見返りもない」

見返りは、男にだけって、家畜の権利から決まってるんだ。

だから、女は、見返りを求めて、家畜をほしがる。

だから、こういうおばさんたちが生まれる。

まあ、しょうがないんだけどね。びえいだって、そのおばさんの中の一人だ。

びえいだって、家畜を、肉として視ることは、よくある。

たとえば・・・・

「この男、どんだけ稼いでるんだ?見た目だけでは、判断できないぞ」ってね。(羽振りよさそうにみせてくる男が近所にいる。いっつも、見下してくるおじさん。まったく、面倒なやつばっかだ)

純粋に蓄農家になりきるには、あまりに、母の元で、家畜講義受けてきたので、いまさら無理だな。

現実的なのが、女って言われるのは

蓄農家に、家畜みたいに、ただ、草食べさせてもらって、世話焼いてもらって、のーーんびり、神さんに食べられるのを待ってるだけの人生なんて、余裕はない。

現実の、「えさ代」「世話にかかる費用」だけが、常に、女の念頭にはある。

「今日、特上ステーキ^^ママ」と、ノー天気にいってくる家畜を前に、

「ボーナスは?いくらもらったの?すくな・・・こんなんで、特上ステーキなんて買えるか!」と、だんなを殴る妻。(まあ、びえいの母だな)

こんなのそこらへんに、いくらでも見れる光景。

まあ、いちいち目くじら立ててもしょうがない。

男と女とは、これだけ違うんだから。