読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

びえいには、理解できない視線

視線ってやつを、自分に置き換えて考えることがある。

「どう?相手から観られているか?」

「どういう視線・どういう文言・どういう態度を示したら、相手が、どう返してくるのか?」

びえいは、この人間の生態の一つである、「暴力を使わない縄張り争いの仕方」を研究している。

あらゆる生物には、「縄張りがある」

「世界は、一つに繋がっているのではなく、世界は「各々」にあり、世界の接合点は、常に、「縄張り争い」をしている。」

あったりまえのことだ。当然だ。

比較しあい、侵食できるなら、侵食してみたい。

侵食し、生きながらえるなら、そうしてもいいだろう。部品として生きるのも・・・

最近、聞こえてくる「ことたま」が、そう。

つづきは、更新後に書く。