読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

さすがに、目が廻ります@@;

線引きしてると、もちろん、チャートのなんだけど・・

10歳ぐらい老けた気がします。。。

腱鞘炎になりかかってるし・・・

びえいは、どこへ向かうんあろう・・かなり、危ない状態みたい。

わかったことは、ライン引きは、体に良くないと;;

だけど、人の為す摩訶不思議は、紐解くと、ラインの中に、心情が浮かび上がるものだなあと思った。

ベースラインは、人に安心感を与える。なぜって?

ベースラインの上と下は、「この間でのレンジを想定させる」から。

そして、シフトラインのシフトの移動の巧妙さ。。。

シフトの少しづつの横移動は、「フェイント」かけ引きとも言えるね。

時間的猶予を与えるためのシフト。だけど、それは、「三度までだよ」とか、メッセージ性も感じる。

とても、緊張感のあるラインが、シフトラインだなと思った。

そして、ブレイクライン。

その名前の通り、レンジブレイクなんだけど、時間軸の幅と連動してたり、

いろんな組み合わせがあるように視得たけど、結局のところ、シフトラインとの組み合わせで、正解だったとわかった。

基点を示すラインであり、時間の経過を知らせるラインでもあり、こちらも、緊張感のあるライン。

そして、「サインを知らせる」ラインなんだなって思った。

びえいは、この他に、資料集めしてます。

ファンダメンタル分析が、苦手だから、2008年からのデータを、手書きでチャートとにらめっこして@@;書き写す作業をすることが、まずやってるのです。

雰囲気と コンセンサスへの信用度、その前の動き、5と10日(ごとお日)からみや、仲値、実需がらみの清算や決算や 休日前の買いや

あれこれあれこれ、頭パニックになりそうになってますが、描いてて、おもしろい。

コンセンサスへの信用度だけじゃない、動きがあるときが、度度あって

前後で、何があったんだろう?って興味がわくから^^

とりあえず、ねよう。びえいは、老けました。そろそろ、逝けそうです。