読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ドル円が、なぜ?上がっているのか?という問い

びえいにも、わかんない。

ドルが買いたくなったから、買ってるんじゃないの?としか・・・

ただ、未来透視図描いてきて、わかってることある。

ドルの日足チャート解析中、「ポイント到達点」を、かならず、調べる。

前も、やったことあるからね。

まだ、線が視得てなかったころだけど・・・

豪ドルが、71.95円付近に到達する日をね。

そしたら、一応、到達日当たってた。それに、数値近くで落ちたし

それと同じことを、ドル円の場合、時間足ではなく、日足から計算する。

計算じゃなく、測量だね。

そしたらね。

まず、緑ベースラインをレジスタンスに、ドルは、三角保ち合いを形成しながら、上昇している。

三角保ち合いは、必ず、ラインとラインがぶつかる。そこが、正念場

そのラインとラインが、ぶつかる日が、6月28日から29日前後。

気がつく人は、わかると思うけど、欧州連合の重要会議が、終了する日だよ。

その日が、正念場になるように、緑ベースラインと上昇シフトラインとを結びながら、進んでるの。

世の中に、偶然なんてものは、決してないよ。

その証拠に、この未来透視図を描き始めて、今まで来たこともないような国の人たちが、数名、訪れてる。(スウェーデン・インド・ノルウェー・中国・韓国・あと、アメリカ^^vなんか親しみ感じる人)

そして、書き始めたその日から、チャートの動きが、おかしくなった。

おこがましいかな?

何かが、「癪に障った」

そう感じ取ったの。特に、おみぃさんが、睨みを利かせてる。なぜだろう・・・

おみぃさんが、睨むということは、今まで無かった。

前の記事に、なぜ?「彼女のわがまま」と書いたのか?それはね、それなりに理由があるの。

チャートが、最初のアクションを見せたとき、びえいには、そう視得たから。

「彼女」とは、誰だろうね^^

びえいがね。未来透視図に、「ポイント」を振らなくなったのはね。

途中から、おもしろがってるのが、視得たから^^

偶然は、決してない。だけど、偶然を装うことはできるんだよ。ってね。

びえいは、そういう優しさは、好きじゃないの。