読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

人とセイウチの違い ハーレムと脂肪付き

蓄農家と家畜の研究

びえいは、セイウチのことが、すごく気になる。

セイウチは、あんなに脂肪が付いていても、メタボリックじゃない。

あんなに脂肪が付いていても、心臓発作を起こさない。

あんなに脂肪が付いていても、体重で圧死しない。

なぜだろう?

なにより、あんなに脂肪が付いていても、メスにもてるb

それも、一頭のオスが、何百頭ものメスたちを。

決して、人間とは、共通する部分がない。

ただ、見習う部分が、多い。

人間社会では、ハーレムは、公?許されていない。

裏ではどうか?わからないが・・・

ハーレムの有用性とは?

子孫を確実に残すシステムだ。

妊娠しないメスは、一頭足りといない。そういうシステムだから。

少子化の背景にあるのは、何か?

セイウチの生態活動から比較し、人間に足りえないものとは?

それは、一頭に絞らざる終えない恋愛システムにほかならない。

びえいは、決して、多夫多妻であればいいとは思わないが、生態活動の中に、

子孫を守るという意識が生まれない背景に、一夫一妻にこだわり過ぎて、「子孫たち」を皆で守るという意識が生まれないことにあるように思える。

にしても、それは、ピンポイントでみればの話。

人は、多すぎる。増えすぎれば、自然と減らす方向に生態活動が移行する。

ただ、それが、一国単位で視れば、利益が損なわれるように視得ているだけに過ぎない。

今日は、よく筆が乗る。。。。どうしたんだろう?