読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

うーん。このメッセージは、「不安」からか?@@;

前も、似たようなメッセージ来てたから、

まあ、「年頃の子供の想像力」と判断して、受け流してたんだけど

うーん。

一言で返すよ。「君は、自身の近親の 何を信じられるか?」と、自身に問いかけているんじゃないだろうか?

私へのメッセージから受け取れる心理は、そんなとこかな?

私に、「あんた、父親に犯されたんじゃねぇの?」って聞きたい?のなら、そういうメッセージを残せばよい^^ 別に、驚きはしない。一事象としてしか、びえいは、捉えない。人間は、びえいにとって、一生物に過ぎないの。ごめんね。

残念ながら、期待に添えなくて悪いのだけど、おそらくね。父も、「そうとう変わった人」だと思うよ^^;

4歳の私に手を出すことなく、父と私は、共に、「人間の発育状況」「欧米との差」「時代の移り変わりによって、好まれる「体」」を、議論しあってきたんだ。

これを、理解できるだろうか?メッセージを残してくれた君へ。

母から、「エロ親子」と言われたけど、母は、男を相手に「男から金を巻き上げるのが商売」って仕事してたから、母も意見してくれてた。

つまり、正確に言えば、父と私のAV鑑賞会であったのだけど・・・母にばれて・・・母も参加して、議論するという、肝っ玉の据わった二人と、それに付き合わされる娘という背景ーー;

特に、議論に登っていたのは・・・・ここまで言ったら、いうけどね・・

父は、「時代時代の男が好む「女体」の好み」について、うるさく言う人だった。

だから、びえいは、よく聞いてたのが、「ちっちゃ」「貧相な乳やなぁ」「なんだ、このぶつぶつは、気持ちわる」という意見で

びえいには、なんのことだか解らず、それを、常に説明される毎回ということなんだ。

母は、「男の誘い方」、女の誘いへのアプローチについて、うるさく言う人だった。

「へったくそ。なんも感じらんわ」は、常に言う人。

なので・・・申し訳ないが、私が知る父と母とは、常に、「女体の体型に文句言う人」と「男のアプローチ・女からのアプローチの「うまい・下手」に文句言う人」という印象でしか残ってない。

二人から言わせれば・・・こんな作品作ってるうちは、まだまだや・・・言うことだそうです。

びえいもそう思うので、びえいからの意見

一本の作品作るのに、「観客を「感じさせた」」 その一言が、観客から上がったなら、

その作品作った人は、大成する思います。

どんな作品でも、映ってる人の「体型が貧相」でも、「貧乳」でも、

「観客を酔わせる作品」なら、AVビデオだろうが、大成するやつは、大成するb

びえいが言いたいのは、

作品作り、なめんじゃねぇぞ^^v って、ことっす。 でわでわ

補足:

作品作り応援っていうよりは、君の不安の解消になれば、幸いです^^v