読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

太陽光発電が、永年発電し続けるしくみになってほしい。

びえいが、考える太陽光発電っていうのは、

最初の 「光を生み出す媒介 ライト」を、フィルム状にする技術が確立することが、前提にある。

電球を付け替えではなく、ライトを生み出す電子フィルム。

このフィルムにつける機能は、「太陽光」並の「光量」を生み出す機能。

それを、太陽光発電フィルムに、重ねて使用する。

うんで、ライトを生み出す電子フィルム と 太陽光発電フィルム が、重なり合って、

起動b

光を生む出す発電から初めて → 発電しまーす → 蓄電しまーす →

ライトフィルム光らせまーす → 発電しまーす → 蓄電しまーす →

繰り返し これを、永遠と続けるってやつ。

びえいは、太陽光発電のしくみに詳しくないので、「太陽光の光に頼ることなく、「光」を生み出す媒介を起動しつづけるようにして、太陽光発電をしつづけるしくみがほしいと思ってる。

だったら、最初の光を生み出す発電の 起動に要する電気 は、乾電池一個 で済むだろうから。

ライトフィルムが劣化して、ライトを生み出さなくなれば、それを新しいのと交換すればいいだけだし

そんな 太陽光いらないよ。光生み出せばいつでも発電しつづける太陽光発電システム が、びえいは、ほしい。

世界が、闇に覆われても・・・ライトフィルムさえあれば、発電しつづける・・・

夢のようなシステム;; 

もう、できてそうなんだけどなぁ・・・いくら探しても、びえいが望む形が存在しない。なぜだろうーー;

忘れてた・・・

太陽熱 ないし ライト熱 を捨てず

あますところなく、発電に使うシステムが、確立してるみたい@@;

光が太陽光パネルの配列を変換しながら、観客席でよく見かける「ウェーブ」のように変換していって「電子移動」を生み出す技術が、

光に当てたら、電子移動しちゃうよシステム っていうのが、 太陽光発電 だよね

そのとき、パネルに当ててる光が、太陽なら、太陽光以外にも、太陽熱

ライト光なら、ライト光以外にも、ライト熱 が、発生してる。

余すところなく、「熱 として、浄化してしまった熱エネルギー」を、「発電に利用する」技術が、これのこと。

電熱発電

びえいが、望む 携帯発電機には、

光発電 + 電熱発電 = 携帯型パネル巻き取り式発電機 45000円 で発売してくれる

その時を待ってる。