読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自分の遺骨処理にかかる費用

(乗り越えるための吐き出しなので、不快に感じる内容しか書かないと思う。なので、読むことはお勧めしない。びえいは、自分の心に嘘は付けない。)

お墓は、墓を立てる場所の確保 土地代 そこに立てる 墓石代 墓石製作代

かかる費用は、200万円から1億円はかかる。

お寺への納骨の場合だと、年間納骨管理費 2000円から5万円

ご供養代 寺に納める檀家の義務費用とかかかる。

墓も寺もいらんって場合は、散骨 海に山に空中に撒く供養方法

そのほかには、遺骨から作る石 霊石

遺骨ダイヤモンドとかもそう。

びえいの家は、寺の檀家

父は、納骨堂に納めてる。

寺が津波に流されたら、父の遺骨も流される。。。

そう思うと、父の最期の言葉が思い返される。

「俺を、海に流してくれ」 海の男らしい最期の言葉

施設に入ってからも、ずっと、海のことを話してた。小型船舶免許の申請をしたがってた。ずっと、乗りたかったんだろうな

海の男は、海で死にたいのは、本望だろうな

海で死ねない。海に帰れない。辛いんだろうな

びえいは、遺骨を、父の遺骨を、散骨しなきゃいけないような気がしつつ・・・

母を、どう見送ってやろうか。。考えつつ

でも、びえいも、いつ?どんな風に、白骨死体で発見される最期を迎えるか?わからないじゃないか

孤独死することは、確定だから。私は

だから、家族で、最期の最期まで、白骨化しても、一緒に過ごせる道を選ぶか

ばらばらに、それぞれの死を迎えるべきなのか

考える

父の遺骨と母の遺骨 そして、私の白骨死体

共に居るべき 共に最期まで居るべき それでいいんだろうか

どこまでも考えてしまう