読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

擬似恋愛体験ゲームの未来

実際の男女が、キャラになりきって、「俳優」を演じる。

そのとき、「自分の心の中の声」で、「自分らしいと思う台詞」を選ぶ。

それによって、ゲームを進行させる。

最近の恋愛ゲームに プラス デジタル彼 デジタル彼女ではなく、

デジタル彼を演じる 本物の男

デジタル彼女を演じる 本物の女

舞台を選ぶのは、双方のの男女

そこへ、「私も演じてみたい」「擬似恋愛を体験するのではなく、ドラマ「恋愛ストーリー」の配役に選ばれた男女となって

舞台の中で、男女の恋愛を演じるの。

こういう提案を出すのは、ゲームシナリオの無限な可能性「必ず物語を読まなければ、先に進めない物語」に、オンラインで募集をかける。

「こんな舞台を、こんな恋愛ストーリーを、この「台詞」を使って、演じてみたい」

そう期待を膨らますようなゲームの提供

そこへ参加してくるユーザーたち・・・

その中には、舞台シナリオ募集に応募してきた、シナリオライターの卵たち。彼らの作品がゲームに参加した男女が演じることで評価される。そんなチャンスを与えるb

そして

シナリオと「性格に応じた いくつかの台詞の用意」が、ゲーム進行上の「舞台に参加した男女の 相性度 を示す」

このゲームに起こる現象として、普通のゲームオーバーでは終わらないという点

どちらかの男女が、途中降板する悲しい結末だけが予想されると思ってる?

とんでもない。。。

男は、逃げたら追いかけたくなる。

女は、何度も許してしまう。

好きだから。。。 それが、「このゲームの進行上で、「好き」が生まれたら」

ゲームオーバー その後、配役の降板

それで、おしまい。  のはずだったのに・・・

忘れられない。。。どうしてだろう・・・

その気持ちが生まれてたら、

このゲームは、ゲームオーバーを超えて、

こっから、本当の 恋愛ストーリーに展開し、二人のストーリーが始まるんだ。