読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

必ずユーザーが手に取って読まなければ進まない物語

ゲーム アイデア

それが、ゲームシナリオ

うーん、それか、ゲームクエスト

読みたくなくても、面倒臭くても、それを読まないと、先に進めない物語が、どちらにも共通して言えるところだよね。

読まなくても進めるよ。って言う人もいるとは、思うけど、

ゲームが進行するにしたがって、「読んでなきゃ!内容が理解できないクエストにぶち当たる」ってことが生じてしまう。

だから、面倒くさくても、読む。

びえいは、ゲームプレイ中、「AFKしてます」って出して、パーティプレイ中に、休憩してることがあった。

たいてい、みんなやってることだと思うんだけど

誰かが、休憩って言い出したら、「**分後に、再開」って時間決めて、各自、PCから離れて、何かやってるでしょ?

夜食食べたりとか、お風呂入ったりとか、歯磨いたりとか、コンビニ行ったりとかね。

あの時間がね。びえいは、ずっと、気になってた。

びえいは、ただ、ゲームに陶酔してプレイするスタイルじゃない。

「AFKする」「**分後に再開」という時間

ただ、暇を持て余す時間ではなく、プレーヤー(お客さん)に、いかに楽しんでもらうか?って考える。

「AFKする」人は、用事があるから、暇じゃないから、ターゲットにならないけど、

パーティプレイは、みんなで楽しむ場だから

ただ、みんなで押しかけて、モンスターを倒して、宝物ゲットではなく

頭脳要素を取り入れてほしいんだよね。

たとえば、「この先に進むには、アイテムが必要」という要素ではなく

「この先に進むための 仕掛けを解除する」ないし

「この先に進むための 暗号を紐解く メッセージを読み解く」って要素

を、濃厚にしてもいいんじゃないか?って言いたいわけ。

なんのためにか、わかる?

びえいは、ゲームクエストの内容に、一般プレーヤーの作品を織り込みたいの。

必ず、読まなければ先に進めない クエスト という形態

必ず、読まれるからこそ、多くの人の目に触れやすい

一度読んだだけでは、紐解けないような要素を含んだクエスト内容だったら、

ダウンロードして、読んでもらい、みんなでクエスト内容を読み解く。

身近な仲間の クエスト作品が取り上げられ、多くの人の目に触れる楽しんでもらえるクエストが生まれるb

ダウンロードされる回数が多い作品ほど、リピートが付いて、ユーザーに新たな道筋を立てる そんな ユーザーに夢を持たせることができる楽しみ

まだ、漠然としてて、こんな書き方になってしまったけど、

こんなのもありかな?って思ってるんだ^^