読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

介保一体 中身の改革 びえいの中の手当のあり方

年金受給者の 年金額を 上げる方法として 年金受給者を中心に「保育義務」を付ける

保育義務を果たしている年金受給者に対して、保育手当を支給する。

保育手当内訳 預かったお子さんに掛かる費用 その他思案中

それとは反対に、

保育を必要とする世代 の 保育を助けるための方法として 年金受給者を中心とした「保育義務」を利用することの 年金受給者とのタイアップ

お年寄りと協力して、保育を助け合う

それと当時に、預けた子供を引き取りにいく場合に、保育世代にも義務を課す

「介護義務」というもの

まず、年金受給者の生活状況の確認。体調に問題が起こった場合の対処。その他思案中。

介護義務を課すので、もちろん、介護手当も出る。

さてと、こっからが、本題

どちらの世帯にも、年金受給者には、「保育義務」が課せられると同時に、保育手当が付くのと、保育世代には、「介護義務」が課せられると同時に、介護手当が付くんだけど・・・

どちらも、実際に、国から各世帯に支払う必要はない。

どうしてかっていうと・・・

年金受給者の 一部の世帯に課す義務なんだけど、 一部 というは、デイサービスを利用している受給者を前提にってこと

デイサービスセンターを利用している年金受給者 に、保育を義務付ける

そしたら?

デイサービスに、子供を連れていくお年寄り って姿が視得るでしょ?

そしたら?

デイサービスセンター ではなく、介護 と 保育 の一体化を実現しないと、センター側が、困ってくるよね?

そしたら?

デイサービス と 保育所の 一体化 が必要になるよね?

そしたら?

その 一体化を 維持するために必要な お金 は、どこから捻出するの?

年金受給者は、保育義務を課される。保育手当が出る。

保育世代は、介護義務が課される。介護手当が出る。

年金受給者は、デイサービスに、預かった子供を連れていく。

子供と年金受給者 のどちらも視れる 施設の創設が必要になる。

費用がかかる。どこから、捻出するか?

そこに、保育手当 と 介護手当 本来支給されるべき手当を、そこに当てる。

そういうしくみ