読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

家畜の価値 男の価値は、神の供物

祖父と母と父と私の視てきた 人

男は、家畜 と 母から教えられてきて、びえいなりに、わかったこと。

家畜 とは、誰の口に入るための食材なんだろう?って考えたら、わかったんだけど・・・

家畜っていうのは、神さんの供物 なんだよ。

神さんだけが、口にしてよい 特別な食材が、家畜 なんだ。

神さん とは、誰を指す?って、考えたら、

男が、命落とす場所はどこだ?って、なる。

仕事なんだよね。会社なんだよね。

仕事って、会社って、別の名あるでしょ?

お客さんは、神さん。って言葉からも 想像してみて。

神さん のために 力を注ぐ拠点が、 会社 であり 仕事 でしょ?

そこに、働きにいく 男 って、神さんに食べてもらうために向かう家畜の姿そのものだもの。。。

家畜っていうのは、女で働いている人に対して失礼かもしれないけど

遺伝子レベルで、刷り込まれてる 男の特権だと思う

家畜を、そこらの 肉 呼ばわりしてるやつは、家畜の真の価値がわかってないと思う。

びえいは、今日は、なぜか?書きたくて書きたくてしかたがない。。。

どうしても、こう言いたくて・・

女の価値ってなんだろう?

吸血鬼という名の畜農家 には、 家畜を 産み出す 特権があり

育てる 特権がある

だけど、一旦、育てることを辞め、

家畜 を 肉 として 見始めると 神さんから 天罰を喰らう

大半がそうではないかもしれない。でも、天罰を喰らう畜農家が多い。

家畜 は、どんなに 女が欲しても 口にすることを許されない 神聖な神の供物 なんだろうか?

そういう戒めを 天から 感じるんだ