読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

葛藤 と 信念 常に戦ってるのは、その二つ

祖父と母と父と私の視てきた 人

ここんとこ、また騒がしいので、疲れてる。

まあ、警察に通報したけど、「やめといたほうがいいんじゃない?この町に住めなくなるよ。あんた」って、言われたわけで・・・

警察の相談課ってとこは、民事不介入をいっぺんして通す

事件にならなければ、絶対に動かないところだから。

しつこい。

敬老の日のご祝儀を受け取り拒否したことを、何を責めることがあるんだろう?

金なら、あんたらにくれてやるよ。って拒否ったっていうのに・・・

庭先で、また・・−−;野次飛ばし。ワンパターンだな@@;あのおばさんたちは。

「もらっときゃいいのにねぇ。金に困ってるんだろうにぃ」

いつ?私が、金に困ったこと、あんたらに言ったんだっけ?−−;

と、びえいは、思った。

また、長たらしく、野次飛ばしが続くんだろうな・・と、思って、母と、うるさいねぇーー;と会話してたら

珍しく、数分で終わる。

その後は、静かぁ

を期待したのだけど・・・

また、大勢集めたなーー;

祝儀を拒否ったぐらいで、何がそんなに気に喰わないんだか・・・面倒くさい。

次にあがった 議題?は、うちの家の周りだけ、工事が「ちゃんとされている」ことに対する不満。

聞いてて、笑えてきた。

去年の9月から、道路工事されてんだけど、

うちは、母が車椅子なので、段差と傾斜が、極端に付くことを心配してた。

道路っていうのには、「市道」か?それとも、「私道」か?があります。

市政で、住民に費用を負担させず工事するには、「市道」である必要がある。

「私道」では、「道の所有権が、市にないので、個人で負担していただく」ってことになってる。

なので、私が行動できる範囲は、「市道」である部分と「私道」である部分を、どう?埋めてくれるか?

この交渉しかない。

区長に頼めばいいのだけど、現区長は、私に暴力を振ってきた相手。

頼みたくない。

私は、黙っていられる性格ではないので

道路建設課の責任者からの説明があったとき、家の事情を話し、責任者から名刺を受け取っていた。

さあ。こっからが、本当の交渉。

とにかく、段差になりうるところの分析。傾斜角度が割り出しにくい部分の割り出しをして、

現場を訪れた責任者に、指摘してみた。

一度は、納得いってくれたみたいだけど、専門職呼んで、正確な割り出しをしている動きがあったので、ちゃんと仕事はしていると判断。

あとは、町の予算が関わってくるので、無理な押しはやめる。

実際の工事が始まり、母の一ヶ月のスケジュールを、責任者に渡す。

何度か、身体障害者の生活で、必要なケア、それに携わる方たち(デイサービス・訪問看護・往診)のスケジュールの変更について、建設課へ連絡。

工事を中断してもらうことのないように、時間をずらしてもらったり、色々あった。

そんなやりとりをしているうちに、責任者が、町にかけあってくれたことを話す。

町の方針?で、バリアフリーな町を目指す というスローガン?みたいなのがあって

身体障害者への配慮を優先してくれたそうだ。

それで、うちの家のまわりだけ、「バリアフリー尽くしました」とばかりの工事の差。

これが、おばさんたちが、野次を飛ばしてくる理由ーー;

えこひいきだ。ってことらしいね。

まあ、私は、「動いた」けど、彼らは、ただ、「他人任せ(現区長任せ)」だったって差。

現区長は、私に暴力を振るう前、こんなことを言ってた。

「私は、何もしなくても、区長の権利で、「出席だけしていれば、年間で、30万円入ってくるんだよ。」と・・・」

「俺に、おまえらんとこの班と関わらせるな!俺は、なりたくて区長になったんじゃねぇーんだよ。俺を頼ってくるな!」

「ぶっころされてぇんか?診断書までよこして着やがって・・このあま」

分析すると、彼は、区長に在籍したくなく、区長になって得をしたのは、「年間30万円貰える」ってことだけらしい。

私が住む場所の住民とは、関わりたくない。ってことも。

私と電話交渉をしたとき、現区長は、泣いて懇願してきたことがある。

「俺に、おまえらんとこの ばばあどもと関わらせるな!俺は、関わりたくねぇんだ!二度と電話してくんな!」

よほど、弱み握られてるないし、「恐れ」がある。

私に、おばさんたちの家事情を話してきたとき、そう感じたことがある。

現区長が恐れてる 近所のおばさんがいた。

「無理難題言ってくると、あの女さえ居なかったら・・・」とね、憎んでたな、あの口調は。。

野次飛ばししてくる中の中心構えてるおばさんが、その女だけど。

母と、敵対関係にあったおばさん。

要注意人物だけど、度が行き過ぎればどうなるか?わかってない。

何度か、野次飛ばししてくるとき、 びえいは、 わざと、窓全開にして

録音しまーす♪ 証拠証拠〜 と、大声で、聞こえるように言ってやる。

一斉に、 さーーー! と、散る。おばさんたちの群れ。

最近、めんどくさくなってやめてたら

「何にもいえんのやわ〜」と、また、言ってくるーー;

どんだけ、暇やねん?あんた