読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あの女は、そんなに母が憎いのか?

おかあたん

びえいは、参加しない。

理由は、危険な人たちだから。地域住民を、危険視するのは、度が行き過ぎてるって思われるかもしれないけど

警察に通報すると、びえいがいっても

平気で、庭先で、騒音あげて野次飛ばしてくるおばさんたちの群れ。

びえいが、目障りというよりは、元々が、母と敵対してきた連中の群れが、どうにかして、追い出したいから、徒党を組んでやってくるって背景。

その中に、あの女は、また居た。

あの女は、金を持ってきた。敬老の日のご祝儀みたいなもんらしいけど

びえい「なんですか? 結構です^^ お引取り下さい。」と、追い返した。

母が、倒れる前、危険視してた女。母が、倒れたときに居た場所の家の女。

倒れてから、裏で工作し、無理矢理私を仮病扱いし、人を使って病気を悪化させようと仕掛けてきた女。

絶対に、許さん。

前区長であった立場を利用し、現区長を操る女。

近所のおばさんたちの中には、金を借りてる弱み握られてるから、言うことを聞くしかないってやつもいる。(母が、集めた情報だけどね)

倒れた日のことを思い出す。

あれだけ憎んでいた女の家で、母は、放置された状態で、口から泡を吹いて、真横に硬直した状態で、倒れこんでいた。

あの女は、私を呼び出し、私に、母を連れ帰るよう要求した。

救急車を呼ぶことを、何度も拒んだ。

動かせない。タクシーを呼ぶことをしきりに勧めてきたけど・・・

おかしい。何度振り返っても、あの日の映像からは、「あの女の焦り」しか視得ない。

救急車に乗り込んで、窓から覗いたときの あの女の態度

救急車のまわりに集まった 近所のおばさんたちの群れ集めて、事情を説明している姿。

あとからわかったことだけど、

母は、あの女の家では、倒れていない。ってことに、されていた。

救急隊が上がったにも関わらず、近所のおばさんたちが目撃していたにも関わらず、

いつのまにか、そうなってる。

そして、私に、迫ってきた 近所のおばさんたちと、現区長の暴力。

絶対、繋がってる。証拠を隠滅しきったような笑顔をみせるあの女。

私の記憶の中で、絶対消せない記憶。

母が、私に残した証拠。

母が、長年、仏壇に添えてきた物に、「恨み文」がある。

あの女を、ずっと憎んできたのは、母もだった。

戦前からの幼馴染 と 聞かされて育ってきたけど

根深い

女と女の 憎しみは、根深い

まあ、私は、その憎い相手の子供だ。消したいのは、当然か。