読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自分の言葉の中の 気持ち に気づかない人たち

祖父と母と父と私の視てきた 人

おまえだけじゃないんだよ。苦しいのは、誰もが苦しいんだから。

おまえだけじゃない。

この言葉は、ネットで、びえいに、訴えてきた言葉。

はっきり言うよ。

私は、誰かに、私の病気を理解してもらおうと、訴えたりしたことはない。

どんなに理解してもらいたくて、訴えたとしても、一時的なもので、誰かがどうすることなんて出来ない。

ただ、単に愚痴に過ぎないことだから。

ただ、遊びたいとき、「私には出来ないこと」を要求する場合はある。

それを、理解を求めて、同情をもらおうとしてると、取られても、びえいは、返答できない。

だって、誰にもどうすることも出来ないことだって、びえいはわかってるから。

ただ、私が出会った人たちは、私以上に、悩みを抱えてて、堰を切ったように、感情をぶつけてきてた。

びえいには、同情を求めるなと言い、自分の悩みだけは聞けという勝手のいい人間たちばかりだった。

びえいは、辟易してた。

これを言ったら、 「びえいの悩み聞いてやって、俺たちだって、辟易してるんだ。お前だけじゃない!」と、食ってかかられそうだけど

だからだろうな。途中で、びえいは、話を終わらせたくなってた。

いくら話しても、なんの解決にもならない。

ただ、時間が過ぎていくだけ。

びえいが、人から離れる時は、「びえいを利用しようとしてる」のが、視得るから。

友人という中にも、それがいる。

びえいは、いいやすいやつだから。愚痴聞き。慰め者にちょうどいいと思ってるやつがいる。

それが視得るときは、おみぃさんが出てきて、そいつの「痛いところ」を突く。

勝手のいいように使おうとすれば、二人が助けてくれてるから、びえいの場合は。

友人は、誰かに、ぶつけずにはいられない感情を、どうしても、びえいにぶつけたいんだろうと思う。

びえいを貶し、蔑み、晒し、そして、安堵する。

「これで、満足した?」って、びえいは、心から、悲しく思うけど、そんな友人を哀れむ。

だから、 びえいは、使い勝手がいいんだろうな。

びえいは、大抵、「感情の捌け口」か 「悪者になってもらうのにちょうどいいカモ」とされがち。

それで、おみぃさんと黒巳ちゃんが、激怒しーー;

使われるな!と、何度怒られてきたかしれないーー;

黒巳ちゃんからの激怒買った友人たちは、失業・病気・事故に見舞われる。

9割方、起こってる。リアルでもあったからーー;おそらくね・

びえいが、人との交流に慎重なのは、「利用」で近づいてきているわけではなくても、いつのまにか、その人の「悪しき部分」を引き出してしまうことを警戒してるから。

いいやすい から びえいは。

なので、相手に、 甘え を生み出す。

そして、ちゃんと話を聞いてあげなかったら、 びえいを 責め始める。

この繰り返しが始まったら・・・

そしたら、黒巳ちゃんが出てくる・・・

黒巳ちゃん「おまえ、勝手なことばっかいってんじゃねぇ・・・」と、目をひん剥く。

うんで、知ってるやつだけで、リアル、事故・・失業・・・と、どんどん 呪いかけてく・・

このパターンが、ずっと続いていった。

だから、びえいが関わったところは、「瞑れる」ないし、「失落」していくという嫌な経験を繰り返す。

わたしが、きつい言葉で 離さないと、 人は 甘える 

話し易いタイプと見られているから、なおさら、鬼にならないとね、、

いずれ、相手は、黒巳ちゃんに呪われる運命しかないから。