読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

なんかが、ひっかかる

浪漫農場は、ただ単に、「効率よくするために、設置されてはいない」と思う。

後を引くような lv11までの中途半端は創り。

ペットを召喚できない理由。

私には、みんなとは、違う見方がある

同じだよwっていうやついたら、ごめん。

私には、どうしても、こいつには、「倉庫」ないし「ハウジング」機能を付ける可能性があるように見えてる。

ただ、様子を見てる。「なぜ?」という気持ち。

ペットを召喚できない理由を考える。

ただ単に、ペットを召喚するだけでは、なんのおもしろみもない。

私は、個人的に、「ポストペット」化する可能性を考える。

浪漫農場で、ペットたちと戯れる一時・・・

ペットを通じて、ペットを介したメッセージ郵便 なんて、やっぱり想像する

元々そうしてほしいから。

で、元に戻って、ハウジングの可能性から考えたとき、

私の脳裏に思い浮かんだのは、やっぱり   ダンジョン

ダンジョンとは、なんだろう? なんだと思う?

ダンジョンの奥底に、何を隠し、何を守ろうとしてるんだろう?

誰が?なんのために? その誰とは、誰だろう? 誰だろう?

誰?

私は、ダンジョンを奥底に隠そうとしてるのは、「プレーヤー」その人だと思う。

プレーヤーが、何が何でも守りたい物を守るために、仕掛けた「罠」

守りたい思いが、作り出した「罠」

思いが、そこに形を成した物 それが、ダンジョンだと思う。

ただ単に、銀行に預けて、はい。それでおしまい。

じゃなく

タンス預金だよ。ダンジョンってやつは、へそくりも同じ。

妻が、旦那に黙ってへそくりを隠すとき、 罠を張る。

絶対に、ここなら見つからないだろう場所を想定して、隠す。

これも、罠だろ?

だったら、守りたいってプレーヤー側の気持ちを、どう汲んでやれる?

ただ文句言うしか出来ないなんて、つまんないだろ

私が、製作者なら、やっぱり、「罠」を提供する。

ダンジョン という名の 罠をね。

何か守りたい物を守るための 罠  それが、ダンジョン。

プレーヤーに、自ら管理できるダンジョンを提供する。

そこに、罠の中に、隠せるように、知恵と知恵の戦いになるけど

プレーヤー側も、納得がゆけるそんなダンジョン。

愛する人から貰ったアイテム それに触れた者には、「一生結婚できない呪い」を掛けて・・・・

「呪い」とは、決して、負のイメージばかりではない。

守るために、思いを掛けた結果、思いが、反対に作用することもある。

たまたまの産物が、呪いだと思うから。

だから、「罠」が、ダンジョンなら、「愛の形大きさ」が、「呪い」だと思う。

プレーヤー側に提供できる「知恵」

「罠」と「呪い」セットで、浪漫農場に設置をしてほしいな。

この措置が、100%の保証を与えるものではなくても

プレーヤー側からの、反撃を許すことができる。

あえて、「足跡」を残す「呪い」の効果

「時間稼ぎ」の目的こそが、ダンジョンの効果

これを どう生かすも殺すも、プレーヤーの「知恵」次第

ゲームなら、ゲームで反す ゲームの流儀だと思うから、そう思う