読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

道路の方向 線路の方向 駅のあり方 導かれる導線

不思議なイメージが視えたからメモする

高台にある駅 そこを基点にして、港まで続く「支線」と港が終着点の「港駅」

運行中の電車が、緊急時、逆走する姿。「高台へ 高台へ 逃げる」電車の姿

うわぁ、効率悪いなあ(物流のこと)・・・と思いながら、視てる。

でも、その電車が「向かう方向」が、「高台」だという情報だけは、しっかり伝わる。

道路の方向 海に対して、どう組み立てる? とだけ、メッセージ。

後世の人が、「効率が悪い」と言って、崩すイメージもあるけど、

「なら、崩せない道路を作ればいい」というメッセージ。

「ただし、崩せない道路を作る者が、馬鹿だったら、後世を困らせるだけだからな」とも。

そんなに効率の悪い導線?・・・聞いても答えてくれない。

「その道」を辿れば、「何も考えなくても」

「高台に導かれる」そんな「導線」を組むこと。

それって、必ずしも、生業にとって、物流にとって、効率のよい「導線」とは限らないよね?

また、答えない。

メモは、ここまで。