読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

お久しぶりです 「誰」が残したのか わかんないけど 「シナリオ」というアクセス

sinario という文字がきっかけ

いまですね。とても、重い「物」書いてるんです。

私が、中学生の頃、夢で視た世界のお話なんです。

視た半分・想像半分の世界。

まだ、子供だった頃は、「奇麗な月夜だなあ」ぐらいで、それが印象に残ってて、情景が描けなかったんだけど、

今の私は、あのとき、書けなかった「気持ち」がわかるようになってたんだな。

そこに出てくる「者たち」の心理が、いまの私には、見えるようになってた。

それで、今まで書けなかった部分を、心理を視ながら書いていってた。

とっても、重い・・・・重い 意味があったんだな。って、

改めて、思い返しながら、書いてる。

「半小説・半童話」的な 短編物です。

ものすごく重くて・・・公開していいものか、すごく考えてます。

昔、女を泣かせたことがある人

気軽に 恋愛してた人は 評価が、「いやなもん見せるな」 か 「ざまーみろ」かもな。

とにかく、重いんで、先が進まないと・・・いう作品です。

頑張ってみてるから、しばらく、更新しません。