読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

気になること 検索してみる その繰り返し

今日は、「廃材の利用」と「塩害会議しているサイト」で、検索してみた。

すごく、重い。かなり、ヒートアップしていたのは、「塩害」に関する意見論議。

うちのブログに、やたら、「塩害」で検索してきた方が、一週間ぐらい前から頻繁に来るようになってた。

農地が、もう使えない。

どのぐらい?いつまで?

どうすればいい?

そうだよね。「どうすればいいか」を、今考え悩み「解決法」を模索してる。

みんながね。みんなでだよ。

みんな思いついたこと始めるしかないと思う。

アイスプラントという「葉の表面にプチプチした塩のつぶができる野菜」もありだろうね。

それをするために プロジェクトを興せばいい。

アイスプラントを植えつけるための「土地」

アイスプラントの苗・種を購入するための「資金」

それを育て管理するノウハウ「農法を広めること」

それと、それに必要な資材・暖房機・発電機の調達。温度管理は、大切なことだから。

育てる人を集めること。その農業を広め、それを買ってくれる「顧客」を増やすこと。

いままで関わってきた世界中の「顧客」に、「もう今までのものは作れません」

「でも、私達は、これで再起をかけます」

「応援してください」「だから、このアイスプラントを買ってください」

いままで関わってくださった「お客さん」は、「そこの土地から採れる今までの物」を愛して下さった。

それが、「もう、今までの物は提供できません。そのかわり、これがあります」

と言われても、まったく「真逆な物」を受け入れるには、抵抗があるよ。

最初は、復興のためとはいっても、

「それで稼いで貯めたお金で、また、元の「あの品」を待ち望んでいる。そのために、私達は、手助けするんです。がんばってください。」

「もう作れないから、諦めて、こちらを買ってください」

「そうですか・・・悪いけど、私達は、あなたが作ってきた「それ」を求めているんです。」

「あなたが諦めるなら、私も諦めるしかありません。さよなら」です・・・

商売って、「繋いでる」物があるから。

どんなに硬い絆があっても、「絆」を繋げてきた「物」がなくなれば

一方が、「残念」すれば、そこで、「一つの絆」は、断たれる。

とてもシビアな世界ですよ。

何かを「新たに始めよう」という意見や動きは、素晴らしいことだと思います。

だけど、また、「新たな顧客」を生み出すことも、課題になります。