読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

オーダーします 義足ペット 私の「相棒」の特徴

戦闘補助が、何より、メインの義足ペット。

義足なので、ペットではありません。

義足です。義足ということは、装備です。

プログラムというのは、「一つの命令」だけで出来てはいませんよね?

「あるアクションを起こすこと」または「エモーションを発動条件に」を条件に、「あらかじめ作成されていた命令」の中から、「選別」された「命令」の通り「プレーヤーを動かす」または「誘導する」

これを実現するには、このイメージです。

あらかじめプログラムを用意しておきます。

たとえば、

「右足を、1のアクションが合図で、時速100kmで走らせる」

「左足を、2のアクションが合図で、時速200kmの速さで跳躍させる」

「3のアクションで動いた頭を合図に、急停止させる」

「左腕を曲げるアクション4を合図に、右手が現在操作している攻撃を100倍の速度で、連動させる。」

「右腕を曲げるアクション5を合図に、左手が現在操作している攻撃を300倍の速度で、連動させる。」

これらの命令は、一つのアクションに対して、一つの命令だけを発動させるプログラム

これは、説明するための例えです。

本当に伝えたいイメージは、もっと複雑です。

0.01秒の世界の動きには、本当に、0.01秒ごとに判断してるわけじゃないから・・・

「予測」「勘」「シナリオ(こういう攻撃でしかけてくると予想する)」

を、日々の戦いの中で、経験からわかるようになるので

たとえば、棋士が、100手先を読むのと同じ

本来は、0.01秒間に判断するのではなく、−1秒〜−2秒間(状況判断に要する時間)、1秒前に判断した攻撃をしながら、1秒後の状況判断をし、備える。こんなもんです。

相手が、そういう強者なのだから、義足を「その状況に合うものに近づける」には、

あんな簡単な組み合わせでは、足りない・・・

あらかじめ、複数の命令の組み合わせを立てなきゃいけない。

これを発動させ、実際の戦闘で「もの」にするには、何度も何度も修正と組み合わせの選別を繰り返します。組み合わせるにも、タイミングをどう調整するか。

イメージでだけは、伝えておきます。

義足ペットと言いましたが、私の一部となる「相棒」です。

愛する「相棒」なので、プログラムを仕込まれた装備ではなく、「相棒」

一つの案として、「エモーション」が起こす「アクション」を「合図」に

「複数のプログラム」の中で選別された「ベストな組み合わせ」を発動させる

それを、画面上で確認できるようにする!ここが大事。エモーションだけを発動させても、タイミングをはかるのに、

「実際の動作」を聴目視する必要があるから。

たとえば、左足を動かしたと「確認」するかしないかで、次のエモーションを発動させる場合もあるから。

攻撃タイミングを、自分で調整するためです。

目に自信のないプレーヤーは、「音」で確認する方法をとる。そのため、この「実際の動作」を聴視する必要があると思う。

非常に、実現が難しい「一般ユーザー向け」ではない特殊な注文ですが

私は、諦めたくない。他のみんなにも、諦めてほしくない。

義足を使うか、使わないかは、「自分の意思」だよ。

だけど、自分には無理だ・・・って、0.01秒の世界で生きてる人たちを

遠ざけないでほしい。

彼らは、ただ単に、「ゲームバカ」なのです。

本当に楽しんでいる人たちと出会ってきたから

彼らは、「俺様が一番」「敬え」「俺以下はくず」とか「差」をつける人たちではありません。

頂点に近づけば近づくほど、「楽しもう^^」と、声かけしあって、本当に、純粋に「ゲームを愛する人たち」です。

私は、垣根を取っ払いたいだけ。

かならず、実現すると信じて、私は、ここに、

私の「相棒」となる「義足」の注文をします。