読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

母の病。笑顔で向き合った私。何度も経験する嫌な思い

本当は、これより先に、ID問題掘り下げについて書いてたんだけど、

こっちの内容がかぶって、切り離すことにした。

それで、書いてます。

母が、入院中のことです。

私は、ただ母の病状を詳しく聞きたかっただけだった。

助けは求めてなかった。

母の前では、決して、暗い顔はみせない。笑顔でいよう。と決めていた。

常に、笑顔で。それの何が悪いんだろうねぇ・・・

「娘さんは、いつも笑顔ですね^^なんの悩みもないでしょ?」

会社に無理言って、時間とって、やっと来た日、看護士から言われた言葉。

「お母さんに生きててもらわないと、困るんですよね^^相当、お金貯めてるでしょ?」

入院費について、相談してたとき、婦人科の主治医から言われた言葉。

医科付属大学病院の看護士と医師。

病院の質については、いずれ書きますね。私は、入院する病院は、全てチェックしてます。

私は、母が入院したとき、母の闘病を傍で支えるよりも、仕事を優先した。そのため、病院側からは、

「しかたないですよ。このご時世だから、他の患者さんのご家族も月1とかいますからね。」

。。。口だけ。

病院から、自宅まで、片道2時間かかる。

内職とはいえ、一から任せられている仕事なので、私が個人的な理由で、現場に穴を空ける(レーンが止まること)ことは、出来なかった。

まあ、クビも掛かってたっていえば掛かってた。

二代目が、短気なので。しかたないのです。

本当に辛いとき、踏ん張らないとね。足元をすくわれます。

仕事が忙しいからって理由があっても、他人は、同情なんてしません。

看護士職・医師職やってる人たちは、「家族のために自分を犠牲にするのは、当然だろう」って考えの人のほうが多い。

私は、病院にいくと、まず、事務職と仲良くします。

「箱の中の住人」である人たちとは、価値観が合わないからです。

それと、別の理由があります。のちのち・・

私は、鬼になります。一日のうちに済ませられることなら、5分でも10分でも、ねじ込む。

二度来て済ませるより、一度で済ませれるなら、その段取りをする。

そのため、病院には、入院する前から、その病院の情報を徹底的に集める。

病院内の情報網を熟知する。どこに言えば、効果的か・・とかね。

事務職の人のほうが、そこらへん、すぐわかってくれるので、スムーズでした。

何度も、同じことを繰り返しいっても、行動が伴われない相手に、いくら言っても無駄なので。誰に言われたら、動くか?そこを視るまで。

事務所は、時間が「お金」だってことわかってるので、「箱庭の方たち」をうまく操作して下さいます。プロの扱いは、プロに任せるのが一番ですから^^b

それでもね。心は、傷つきました。

心無い一言。人の人生を、ただ見た目だけで語れない。

私が出会ってきた大人は、現代の子供たちに誇れる大人ではなかった。

薄っぺらな人格者の集まり。だから、「箱庭の住人」「箱の中の住人」と名付けます。

極めつけがありました。

主治医の様子がおかしいのです。

ただ、笑顔で、ありがとうございました^^と、退院時、声をかけただけだった。

看護士の方たちは、私を嫌っていましたので、誰一人として、退院の挨拶はなし。母にだけ、言った。(基本中の基本の医療行為を怠っていたことを、報告しました。ほっといたら、母が死ぬので。以後、無視。大人気ないって思わないのかねーー;)

なので、なぜか、主治医と研修医二名が、荷物係やってくださいました。

ありがとうございます。

ですが・・、私が笑顔向けたら、思いっきり、視線をそらすのは、なぜだろう。

顔赤らめて・・・

なぜ、焦ってるのか?わからない。

先生からは、一言一言、「むっ」とくる言い方されましたけど、プロなので、しかたないと、熱意のある方だからと、笑顔で、「はい^^」と答えていました。

でも、事務職の方に比べると・・事務的処理が遅すぎて、イライラしてしまい、つい失礼なことをいってしまいました。

カチンと来たのが、目に表れていたので・・・

「私は、A型なので、グレーゾーンは、グレーゾーンのまま処理しますよ。それぐらい解ってます。」

じゃあ・・とっととやれよ。。と、こんな感じで、先生とは、母の闘病中、静かな討論が繰り返されていた。

筋だけは通して置かないと、事務職は動けません。

なので、「タッチ」程度の「要望があった事実」「接触したという証」を残してから、事務職の方に動いてもらいます。これが、確実です。

何度も言いますが、病院に入院して、他人任せにするのは、一番よくありません。

事務職とまず仲良くなること。これが、家族の仕事です。

病院での体験は、ここに限りません。

母は、いままでに、5回は入院しています。全て、専門病院。

私達が住んでる町の大きな病院は、ほとんど、経験したねーー;

病院内部での体験・施設での体験、それぞれありますが、全て憶えてる。

医療関係に従事している友人へ

貴方は、地域にとって、この国にとって、大切な仕事をしています。

中間を補佐する立場。箱庭の住人と、蔑視する言い方をするには、これから医師を目指す人、看護士を目指そうとしてる方に、自分を律してほしいからです。

私は、あなたは尊敬します。

だけど、父のために、私は、医療現場の実態を、私の目で視た通り、感じた通り、家族側からの視点から、伝えるつもりです。

父が死んだのに、施設側から「●時に来てください。それまでは、自宅でお待ちください」と言われ、駆けつけても、入れてくれませんでした。

施設内に入ったら、医師が待ち受けていて

「職員さんを恨んではいけません。その約束をしてください。」といきなり突きつけられる。

私がみてきた 医療従事者は、施設の利益に繋がるように動いてきた。

人の死も、彼らにとって、都合の悪いことには、口封じできるように、法律を捻じ曲げられるプロを使って、シナリオを書き換える。

法律は、利害のある者同士の都合がつくように作られています

母は、何もいうな。と泣いて、私を静止しました。当時の私は、無知だった。

母のときは、そんな無知であってはいけない。

私は、あなたたちに対して、「鬼」であり続けます。

これからの医療現場のために、気がついたことは、伝えていきます。

友人のあなたには、私が視てきたような従事者ではなく、「良い」医療従事者であり続けてください。とお願いします。

父へ。力のないことを理由に、あなたの死から目を背けてきた馬鹿な娘を恨んでください。

すみませんでした。