読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

創り手に、おねだりします。

私は、のんびりしたゲームも、0.01秒で動くゲームも

だーーーーーーーーーーーーい!好きです

大好きなの!

だから

私はね。あんまり長時間プレーできない体なの。

あんまりやると、私は、「鷹の目」になるし、「黒巳ちゃん(俺)」が私を解放してくれなくなるから、気がついたら、不整脈になってたことあった。

呼吸ができなくなる。

でもね。

もしも、先生から、

「貴方の寿命は、あと12時間です。」って言われたら、

今から、寝ることを優先するよりも、

朝、パソコン前に、息絶えたい。そのほうが本望。

ゲームやって、死んじまうやつは、馬鹿だ。って、言われるだろうね。

うんなこと抜かしてるやつは、ゲームを創ってきた人たちが、

どれだけ、バカなのか、知らないんだと思う。

気がついたら、パソコン前に、気になる演出の修正を、ツボにはまるまで、修正修正修正の繰り返し、テストテストテストの繰り返し。

演出は、流れる速度と時間、どこでどんな変化をもたらすか、そこを0.01秒単位からだったかな、0.1秒単位だったかな・・おぼえてないけど、

すごくこまかーーーーく設定変更しまくる。

「ここだ・・」と、ぴたりと修正が止まる。

納得する瞬間。

笑ってるんだよ。目は、画面から離れなくて、心で踊ってる。

わくわくいらいら血が踊る。パソコン前に、世界に入ってる。

夜明け。目の下隈をくっきり残して、唇カサカサ。目が笑ってる。

危ない顔。こんな「バカ」は、いない。

とことん「好き」って野郎は、どんなつまんないことだろうと、そのためなら、生死を顧みないで、突き詰めれる。

それが、私の愛するバカです。

私は、そんな愛するバカに、おねだりします。

まず

いままで、ペットというキャラを提供してこられたと思います。

そこには、「愛玩」であったり、「癒し」であったり、「戦闘補助」であったり、プレーヤーの目的にあわせて、いろんなペットを提供されてきたと思います。

私は、そこにね。私みたいに、身体に負担を与えれない人のためにね。

「義足」という意味を付け加えてほしいんです。

私がほしいペットは、「義足」になるペット。

戦闘補助なら、私の変わりに戦ってくれるペット。だけど、0.01秒単位で、命令を組み合わせれるペット。

私は、これからもペットというキャラは消えないと思ってるし

突き詰めていくと、

障害持ってる人たちのために、義足になりうる可能性を秘めてる「ペット」って存在は、これから、もっとでっかい価値を示してくると思ってる。

お願いします。

私は、0.01秒の世界を、諦めたくない。