読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

そういう事か!がちゃぴんの伝えたい気持ち

ゲーム アイデア

ようするに、今日一日、ずっと、がちゃぴんが頭から離れなくて、困ったのだ;;

それが、今、いきなりわかってしまった。

つまり、モンスターは、休日がほしいんだ。

デートしたい日だってある。

温泉つかりたい日だってある。

気分が乗らない時、日

話したい。伝えたい。ストライキしたい。

彼らは、自分たちの主張を、気持ちを伝えたい。

そこに居る意味。説明なんかじゃなくてね。

彼らは、こう言う。

「どんな思いで、ここに居ると思うんだ。ここに居るってのには、俺たちの覚悟が、腹決めて、ここに居座ってるんだ。それは、ここで、訴えているからだ。おまえたち人間に、ストライキだ。わかるまで、俺たちは、ここから離れない。」

「でも、愛する家族がいる。待ってる家族がいる。会いたい。抱きしめたい。守ってやりたい。でも、家族を守るために、俺たちは、ここから離れるわけにはいかない。」

モンスター。特に、ダンジョンに閉じ込められている彼らは、みんな泣いてた。

末端に居る、ただ、配置されただけのモンスターイベントに過ぎない彼らだけど、みんなそれぞれ、事情抱えてて、

彼らがいうには、元々、自然界の住人で

本来の姿は、「こういう姿だ」という決まりがなくて

人の恐怖が、形を作る。

ただそれだけのことだったの。

ただ、ダンジョンに訪れて、

「今日は、1時間ぐらいでクリアかな?配分どうする?」ぐらいの会話して

「今日は、さくさく進めたね。もう少し効率あげるか」なんてね。

「久しぶりにやったけど、楽しかった^^腕落ちてないなぁ」

お客様の満足した会話・・・それでいいはずなのに

だから・・それがなんだ。って、心の声が叫ぶの

彼らにだって、ドラマはある。

彼らが、モンスターとしての形を成すに至る経緯は、説明されても

彼らの心の声が訴える「ささやかな幸せ」「遠くから見守る愛する気持ち」「おまえたち人間に何がわかるんだ」

おまえたち人間に何がわかる

おまえたち人間が、本当に戦わなければいけないのは、俺たちではなく、俺たちに視た「おまえの心の姿」だ。

クリアさせなければいけないのは、「その心の姿」に観たおまえの本性。

答えは、おまえの中にある。それに気付け。

かなり重いね。書いてて、辛くなってきた。

がちゃぴんと飲み明かした夢は、なんだか、変なことになってきた;;

ただ、ダンジョンプレーのあり方について考えさせられた。このままのスタイルでいいんだろうか?ってね。

モンスターイベントには、単に配置して徘徊させるだけの

プレーヤー認知範囲を決めて、攻撃するか、逃げるか、放置か、決めることができるはず。

わかってるんだけど、

イベントを発生させて、モンスターイベントに味を加えることもできるよ。それもわかってる。

だけど、違う。

根本から違う気がする。

がちゃぴんは、何か訴えてる。