読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

久しぶりにログインしたの でも、葛飾応為ならこういうんじゃないかな。。色事がわかってない。って

ゲーム アイデア

あのね。

最初のログインする瞬間ってさ。

扉を開ける瞬間なんだよ!

初体験と同じ。

いきなり画面固定。マウス動かしても、うんとも寸とも動かない。

ムービーが、勝手に流れる・・・はあ・・・また、この演出かよ・・

この状態は、「さっさと、入れ。もたもたするな」

この状態は、「じっとしてろ。黙ってみてりゃいんだよ」

って、強引に、引きずり込む感じで、どきどきしない。わくわくしない。

じらしてない。色気もくそもない。はあ・・・

いきなり固定されたら、まず、「むっ」とする。私は、嫌です。あしからず。

私の理想のログインは、いつもと変わらず、「ただ、毎日の出来事の一部に過ぎない」

そんな 気付かせない 普通の演出でいいの。

画面全体に、ゲーム画面が広がる。

「帰ってきたよお^^ただいまあ」

そして、いつもと変わらず、倉庫いじくってお金用意して、今日のイメチェンして、

「決まったb」

「うんじゃ、あそぼ」

ここまでに掛かる時間は、じっくり遊ぶなら、30分ぐらいかけて用意。

時間がなければ、5分で用意。

この用意の時間に、演出を入れる。

画面は、止めない。マウスも自由に。

ユーザーは、いつもと変わらない風景と流れに慣れてるから、

普通の風景の中に、「なんだろう」と感じさせたなら、「なんか変だ」と感じさせたなら

「違和感」を感じる何かの存在に気付かせられたなら。

あとは、ユーザー次第。

声なき声の訴え。

姿なき何かからの訴え。

自然の中の何気ない「生ぬるさ」。

気付かれなければ意味がないなんて、おもしろくもないこと言わないでよ。

「吐息」といっしょ。

なんにもないとこから、「ふぅ・・」って吹きかけられたら、

「あれ?」って思わない?

ユーザーの中には、ハエのモンスターでも飛んでんのか?って思う人もいるかもだけど

気付く。違和感を感じる。これが、シナリオが流れ出す最初の一歩目だと嬉しい。

一度、気付いたら、確かめたくなる。

リアル時間忙しくて、すぐ落ちなきゃだったりしても、「一瞬感じた違和感」

これを残せたら、次ログインするときまで、「気になってしょうがない」って思わせたら、おもしろい。

私が好きな女流画家 葛飾応為 の あの遊女を買う場面の格子越しの 男の目線 色気感じるじゃないですか

彼女なら、色事がわかってないって言うと思う。