読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

一日早いけど、メリークリスマス^^v家族へ

母に、どうしても、ケーキを食べさせたかったので、コレステロールが上がらないように、

まず、ケーキに、ヨーグルトをかけた・・・

ケーキは、カロリー確認して、市販のやつです!(今回は、体調最悪なので、買った!

母でも「ぱくっと」食べれそうな ワッフルケーキ。いちごクリームたっぷりです^^v(先生には、内緒♪

ワッフルケーキ ブルベリーヨーグルトかけ。

結構おいしかったよ><

母は、食欲旺盛なので、放置してたら、勝手にケーキをぱくぱく口に運んでしまう。

ちょこっと、ゴージャスなクリスマスとはかけ離れているけれど、私達家族には、この一時が、ささやかでも、幸せな瞬間です^^v

私は、むかーし、すっごい浪費家でした。

バブル時代の人間なもんでw

月10万から15万は、普通に使いまくってた気がする。

朝帰りもしたし、集まりでは、ほとんどご馳走になってたほうで、使うのは、おしゃれ一辺倒。

今でこそ「髪染め」は、当たり前だけど、当時の私は、ほとんど「金の髪」

三輪さんまでいかないけど・・

当時は、原色の服がすごく流行ってて、全身シースルー、全身レース、黒系統の服好んでたね。ポイントで、花柄のでっかいやつ(1mぐらいのブラックチューリップ柄)とか、普通に普段着で着てたんです。

田舎では、目立ったw

でも、お気に入り着ないと、私でない気がしたので、誰が何言おうと、着た。

あとは、パソコン命だったから、パソコン浪費。

絵を描くことが、大好きだったから、画材浪費。

カメラ撮影好きだったから、カメラとフィルム浪費。

そんな私が、今は、ケチが趣味という、ありえない人生転換をしている。

どん底ってやつを経験しちゃうとね。

お金ってやつの恐ろしさを、思い知る。

だからかな・・・

いまは、ちょこっとささやかな幸せで、満足できてしまう。

思う存分、遊びきったから

お酒、毎日5本から8本は空けてたし、チャンポンだったけど、何軒も回ると、正確な本数は、わからない。記憶に残る数はそれ。

旅行にも行きまくった。あちこちじゃなくて、気に入った場所「お気に入り」の旅行地の常連。

貯金は、気が向いたらすればいい。そういう考えだったなぁ。

私は、お金の使い方は、偉そうなこと言えない人なので、お説教するつもりありません。

たぶん、父親の血が濃いんだとおもう。

もともと浪費家なくせに、いまは倹約家か。

倹約することは、正直、辛い。面倒だし、計算するのも、適当が一番b

だけど、値切る快感を知り、交渉し、相手から最安値を引き出す快感を知ったとき、

人は、どこまで 値切り倒せるか・・・攻略してみたくなった。

それが、今の倹約に繋がっている。

ようするに、「遊び」だと思えば、浪費家でも、遊びながら、倹約できるのだなぁと知った。

結局何が言いたいかというと、「発想の転換」しちゃえば、

「お金」という「魔物」が、「魔物と書かれたカワイイテンプレート」に見えちゃうってことです。

さあ!

明日は、サンタクロースさんと交渉して、どこまでプレゼントを捻出させれるか?値切り交渉しなければいけません^^v

浮いたプレゼントは、サンタさんが「譲歩してくれた心」

しゃぁーないなー。1円で、負けとくわ。ほれ。

プレゼントの気持ちって、この「負けとくわ」に込められてると思うよ。