読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ジャンル(型)が固定してしまうことほど、つまらないものはない

キャバクラシステム これを考え初めて、詰まってきてるのが、従来からある「経験値」と「スキル」そして、「レベル」と「ランク」の概念を、どう取り入れるか?なんだよねぇ

もうね。染み付いたものは、なかなか取り除くのが大変です;;

どんなゲームも、「レベル」とか「ランク」とか、「スキル」とか「経験値」とか、最初から、そういう概念があったはずないのだけど、こう長いこと、この手のオンラインゲームをやってきていると、この概念が、頭から離れず、困ってる。

あんまり考えすぎると、ハゲるので、やめた。

最近、また気がついたことがあったので、ここに書いとくことにする。

これは、批判っていわれれば、そうなっちゃうけど、あくまで、私は、創り手へのメッセージを贈ることが、愛だと思っているので、これを書こうと思う。

すごーく、残念。

なんだろう・・・ある公式ゲームサイトを見ていて思った。

公式サイトを初めて開いた瞬間、顧客の目にすぐ止まるんだろうか?思わず興味が行くんだろうか?

イベントが開催されていた。その宣伝だけれど、あまりに小さい。宣伝枠がね。

全体的に、ぼんやりとした雰囲気。

感じない。私にはだけどね。

最近気になっていたことがある。

特別なお客様に入るだろうプレイヤーが、去っていっている?ような状況が見え隠れする。

長い月日をプレーしていただいてくれているお客様が、去る。ということは、とても悲しいことだ。

原因は、おそらくあれだろう。

どんな決断も、リスクが伴う。

新しい何かを、導入することはね。

でもね。。。。

そこで、やる気を失せてちゃいけないと思う。

創り手が、自分の作品に、満足してはいけない。

「これで、うけてるから、いいだろう。安定して、収入が得られることは、確実。確実に、安定してきている。だから、大丈夫。」

で?ポイント倍増中ですよぉ!と、後押しくっつけて、あざとい。

それで?やってみた結果、どうも、失敗したようだ。と、ちょっとあせってきている。

それで?さて、どうするかなぁ・・・じゃないと思う。

一度は、愛した作品だろ?

手を加えることは、確かに、最初にこの作品を世に出したときの「気持ち」を、踏みにじる行為かもしれない。

だけど、「成長する作品」だから、その「成長」を助けるのが、作り手の「愛」だろ?

たいてい、創り手の思いと営業側の思いでは、噛み合わないことも多いと思う。

犬猿の仲だから。これは、しかたない。

でも、このままでいいのか?

目に見えて、変化している。お客様の中に広がる「喪失感」

共に育てていくのが、オンラインゲームだよ!

創り手が、愛そそぎこんであげなきゃ、死んじゃうよ。

よい作品とは、お客様に愛されてこそ、残っていくんじゃないのか?