読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

裏切りの意味

裏切るということは、決して正しいことではない。よねぇ・・・

だけど、私は、裏切ることの意味を、今はわかってるつもりです。

私が、裏切るのは、真実が、捻じ曲げられて伝えられたときです。

ただ単に、真実を明らかにすることが、私の正義じゃない。

あくまで、私は、ボールを投げる。投げ続けることが、私の決意だから。

私は、以前、私の片腕だった男の話をしたことがあるとおもいます。

彼は、こういった。

「俺は、必ず、おまえを裏切る。おまえから、ギルドを奪ってやるからな」

と、言いました。

彼を、危険と思い、すぐにでも、ギルドから排除しようとしたのは、当時の「わたし」でした。

彼を、「留め置け。」と言ったのは、私の中の「俺」でした。

「いつか、意味がわかりますよ。」といったのは、私の中の「わたくし」でした。

とても葛藤してた。いつ、裏切られるか?わからない男が、私のすぐ傍に居る。

いつも、プレッシャーをかけてくる男が、いつも傍に居た。

当時の私は、わかっていなかった。

「裏切る」と言うことにも、とても「勇気」がいることだからです。

その行為をすることも、とても「決断」という「勇気」がいるからです。

以前、知り合ったユーザーから聞いた相談事で、この言葉が、耳に残っています。

「友達に裏切られた。信じていたのに・・・信じていたのに・・・」

この言葉は、私は、卑怯だと思っています。

私は、人は、弱い生き物だと思っています。人が抱く「恐怖」は、簡単に「裏切り」を生み出します。

だけど、私は、人に対して唯一信じられるものがあります。

「自分自身が、自分を裏切ることが、もっとも辛い」

自分の心から発している言葉と、友達の前で発している言葉が、一致しているとは限りません。

もしも、友が、自分の信念を軌道修正する時がきたとき、その友である「君」は、その友の「決意」を「裏切り」と取れるだろうか?

「君」との「道」が違えたとき、その友の「決意」を裏切りと取れるだろうか?

私は、自分に問いかけながら、進んでいます。

私が投げたボールは、「君」に伝わったがどうか?わかりません。