読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

メモ。目標を立てる。

イメージについての解説ではありません。

もともと、映像が見えてた。

この世界をどう伝えたらいいのか?まとまらなかった。

その世界に、私は、「こうしてみたい」「こうしたい」と付け加えていってたから。

どんどん膨らむ。まとまらない。

私が、「何を目標にしているのか?」見えなくなってた。

これじゃ、いけないんだ。

映像を伝えるのは、あと。

これから書くことは、メモであり、目標。

1、

パソコンの前に座っているユーザーへ

「ゲーム」を介して、「人の体」に「良い影響を与えるアクション」を起こしたい。

モニター画面がある。光と温度。これを感じ取る器官は、「目」だ。

「目」は、ある鍛え方をすれば、「脳」を活性化させることができる。

仕事中のユーザーには、なるべくは「目」を休憩させてもらいたい。

だから、この「目」を鍛えるアクションは、短時間のアクションで起こしたい。

明らかに、「脳トレ」を意識したアクションではなく、「自然な形」で提供。

私の中で、「ゲーム」とは、「遊び」 「遊び」とは、「学ぶ」ことだから。

2、

年齢層に応じた操作性の統一化。

少子化が進む中とはいえ、子供が皆無になることはないだろう。

だけど、10年前、オンラインゲームにはまったユーザーの多くは、今30代を迎えている。

少数では、私が知っているユーザーで、58歳でプレーされている方もいた。

今、68歳だ。

いろんなゲームが紹介されオープンされる中、「キーボード」での操作と「マウス」を使った指示には、ゲームごとで、操作の仕方が違う。

ゲームごとに「操作を覚えなければいけない」。

歳が若いと、これがおもしろかったりする。なので、一つのゲームだけに絞らず、いろいろ試してもらえる。その利点はある。

しかし、年齢を追うごと、この「操作を覚えること」が、「億劫」になる場合もある。

仕事に追われ、体が疲れて切っているにも関わらず、ゲームプレーをされている方。複数のゲームを試してみたいのに、時間がない。疲れている。そして、また覚えなければいけない。操作を・・・面倒だなぁ。。という声が聞こえてくる。

3、

同じく操作性についてだけど、これは、利き手の問題。

世の中には、この4種類の利き手がいると思う。

左利きの右手利かない。

右利きの左手利かない。

左利きの右も利く。

右利きの左も利く。

私は、左利きの右も利くタイプ。両利きというやつです。

4種類の利き手に応じた操作を提供するというのは、かなり面倒だと思う。

アンケートを取れたら、それに越したことはないのだけど、取り方を間違えたら、なんの意味もない。

これは、私の主観かもしれない。

人には、左であろうと右であろうと、「反応しやすい指」と「反応しにくい指」が存在する。利き手の5本の指の中にも、それはある。

不思議にも、利き手ではない方にも、「反応しやすい指」が存在する。

「指」だけではなく、手の平の中にも、「反応しやすいポイント」が存在する。

私が、キーボードで操作するとき、指を上下左右動かしますが、かならず「キーポイント」を「キーボード上」に貼り付けています。そこが「基点」です。

「基点」は、もう一つ作ります。「手の平」です。「ctrl」は、「手の平」で操作します。

私は、戦闘中は、キーボードは見ません。画面のみに集中しています。

右利きの友達に聞いてみたことがあります。

どんな操作をしているのか?をね。

まったく違ってた。手の使い方が、違う。彼は、世界ランクにも上るほどの腕の持ち主です。彼の操作は、私には真似できません。

では、世界ランクにも上るユーザーをターゲットに、操作性を考えるべきか?というと違う。

私が提供したいと思っているユーザーのタイプは、「家族」「子供がまだいない夫婦」「カップル」「友達同士」です。

一般ユーザーです。

そして、もう一つのタイプ。「指」で操作することが困難な人たち。彼らにも、楽しんでほしい。

「指以外が利き手」の方たちのための「操作性」を考えたい。

4、

国のことを考える。

少子化・雇用問題・お金が廻らない世の中

利益だけを追求していっても、それが「ゲーム開発」だけにしか「流用」されないのであれば、それが「社会に貢献している」と言えるのだろうか?

ゲーム世界で、「目」と「耳」と「感覚」に伝えることができるもの。

「世界」「景色」「光」「流通」

思い出しただけでも、美しい世界が広がっていた。今までプレーしてきたゲーム世界は、とても「目」にも「耳」にも心地よかった。

だけど、足りないと感じてならない。

そこに、現実世界の「過疎地域」の様子がダブることはなかった。「耕作されない放棄地」「自給率の低さ」

「介護をする。人の世話をする。介抱をすること。」動けない動かせない苦しさと大変さ。辛さも。

そして、もう一つ足りないもの。

「恋愛を楽しむ」場を提供するのではなく、「結婚して家庭を作ってほしいからこそ、恋愛を本気で応援します」という姿勢で、「応援する場」を提供するという心意気。

もちろん、オフラインでそういう「場」を作っている場合もある。

だけど、もっと勇気をもって、「目」にみえる形で、堂々と提供してほしい。

「オンラインゲームは、ゲームに過ぎない」のではなく、「オンラインゲームは、ゲームだけでは終わらない」という社会現象を起こしたい。

ネトゲ依存症」ではなく、「ネトゲ社会現象」を起こしたい。

このことを考えるに当たって、今まで出会ってきたユーザーから受けた印象や環境、欠落点、利点、これは見逃せない。

だから、ずっと悩んだ。

メモは、今日はこれまで。(体調が崩れやすいので、どんなオチでも、許せ)