読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

嫉妬のパワー 恋に狂った相手との対峙?死を覚悟した瞬間

ゲーム アイデア

吐き出し第二弾。

この過去も、一つのきっかけ。

私が、かなーり若かった頃経験したこと。

当時、私は、仕事仲間の女の子とよくつるんで、夜遊びまくっていた。朝帰りは、毎日でした。ハハハ・・・

何してたかというと、仕事終わったら、その子の友達や仲間が集まる場所に、お酒・お菓子・おつまみ持ち込んで、朝まで「宴会」してたということ。

その子は、お酒が強く、私も強いほうで、まわりの子が酔いつぶれて寝てしまっているのに、二人でちびちび飲み明かし。

今は、医者から「お酒は避けて下さい」と言われているので、飲めませんけどね;;(アル中じゃないよw)

「ちょっとさ。相談あるんだよね。聞いてもらえるかな?」

ある時、周りが酔いつぶれて、寝入ってる時、その子から突然の相談をもちかけられた。その子は、深刻な顔してた。

「何かあったん?」と聞くと、男友達からしつこく迫られて困っているということだった。

その子が話す男友達というのは、私も面識があり、結構話せるやつで感じもよかったので、「まさか、あいつが?」という驚きだった。

その子の話を信じない訳ではなかったけど、私は、男友達の様子をしばらく観察することにしました。

雑談を交えて、その子のことをどう思う?とか、かわいいよねぇ^^とか、鎌かけしてみた。

「あいつね。彼氏いるんだけどさ。彼氏、別に女いるんだよね。あいつ、それわかってるのに、彼氏追いかけてるんだよね。」

唐突に、彼はそう返してきた。私は、そんなこと聞いてないんだけどな・・と思いつつ、彼の言葉を受けてみることにした。

彼の話を聞いていると、彼は、彼女(その子)に同情しているらしく、友達としてほっとけないんだ。と、言うことらしいことはわかった。だけど・・・

本当に同情だけか?

もうすこし様子をみることにした。

普段の彼は、明るく、陰湿なところはなく、彼女を困らせるような「しつこい男」という印象は見当たらなかった。

彼女も、彼とは、普段は仲の良い友達みたいにふざけ合っていたし、困っている様子が伺えない。

あの時の話って、酔ってただけじゃないのかーー;あれって・・・

と思うようになった。

今でも覚えてる。彼女が寝たふりをしたまま、「にや」と笑った仕草を・・・

あれからしばらくしてなんだけど、彼女が、珍しく酔いつぶれて寝入ってしまい、彼と私ともう一人の仲間とで、朝まで「宴会」してたことがあった。

どんなに飲んでも酔いつぶれたことがない彼女が、珍しくその日は、つぶれていた。

「珍しいよねぇ」と二人で言いながら、雑談まじえて飲み明かし。

ご機嫌状態だと、聞かなくてもいいことを聞いてしまえる勢いがある。

「好きなの?彼女のこと」と、軽く質問してしまった。

この程度なら、「好きだけど、それがどうしたの?」って程度で終わることだった。

「彼氏から、彼女のこと奪いたい?」って、聞いていくと、彼は、言葉が詰まってしまってた。

私の様子と質問内容に不信を感じた彼は、だんだん様子が変わってきた。

「何が聞きたいの?」と答えた彼は、目が挑戦的だった。なんだろ・・・その目が、狂っているように見えた。

「なんでもないよ」と誤魔化したけど、その日の彼は、しつこく問いただしてきた。

そして、「彼女から相談受けてたの。しつこく迫られてるって言うから!」と、答えちゃったーー;瞬間、彼が豹変しました。

「嘘いえ!ぶっころされてぇーか!」と、拳が私の顔の前に出された。殴られるはずだった。

寸出のところを、一緒に飲んでた仲間が、止めてくれてなかったら、殴られていた。

彼は、暴れていたので、仲間が外に連れ出し、落ち着かせていた。

死ぬかと思った・・・

私は、これだけ騒ぎになったから、彼女起きたんじゃないだろうか?と思って、寝ている彼女をみてみると・・・

寝ている?不自然なぐらい微動だにしていない様子で、「口元」だけが「にや」と笑っているのが見えた。

この日の出来事は、ずっと頭から離れなかった。

彼の尋常ではない態度の変わり方。私の質問の仕方にも問題があったのだろうけどーー;自業自得だな・・

それとは別に、彼女の寝顔。口元の「にや」と笑っている様子。

その日を境に、私は彼らから距離を置いた。不信があったから。

後日解ったこと。

はめられたんだよ。それ。

どういうこと?と、聞いた相手は、彼らとは関係のない別の女友達から言われたこと。

仲良かったんでしょ。その彼と君は。彼女は、男友達多かったんだよね。それってさ。彼女の取り巻きだったってことだったりするんだよね。

彼女からしてみたら、男たちの目は、常に「自分」に注がれていてたいわけ。

それが、あるとき、別の女に注がれてるってわかったら、許せないんだよ。そういうタイプはね。

だから、君をけしかけた。

彼が尋常じゃなかったってことは、彼も「嘘情報」流されて、まんまと引っかかったってところだろうね。

どうしてそんなことを・・・

それが、女の嫉妬ってやつ。いい勉強になっただろ。

そう言って笑ってたーー;コノヤロ

この経験があってから、恋愛相談に乗るのは、控えたーー;

女の嫉妬は、怖い。異性に向ける嫉妬とは別物で、優越感を維持したいがためだったり、劣等意識からだったり、同性同士の嫉妬は、怖い。

意味もなく「嫉妬」されるのは、うんざりなので、私は、「優越感」や「劣等意識」からくる意見には、耳は傾けないようにしている。私が、女性苦手なのは、これ。

でも、「嫉妬」には、「負けたくない」というパワーが秘められている。

このことは、「人」を輝かせる力を感じるときもある。

「嫉妬」をあらわにしたということは、その人は、「負けたくない」のだ。ということだから。

だから、「女性の社会的立場」を踏まえ、「嫉妬」という「負のパワー」でありながら「輝かせる力」を秘めている力には、「その人に、自信を持たせるアクションを起こせる」と思った。

私には、オンラインで出会った女性ユーザーで、今でも気になっている女性たちがいます。

彼女たちに共通しているのは、「男性からの暴力・暴言を受けている」という点です。

本人たちは、気がついているのだろうか?と思うことが多々ありました。

彼女たちと交わす会話では、男性から受けている恩恵を自慢する様子が伺えた。

「女は甘えて入ればいいだけだから」と言いながら、いつも悩んでいる。

幸せなんでしょ?なのに、どうして悩むの?と、聞きたくなる。

本当に自分が心からしたいことをしているの?と、聞きたくなる。

今日は、ここまで。